雑学研究

ホーム> 面白鑑定> 星座別鑑定>

獅子座

性格
 主星が太陽で、プライドが高く、自己中心で、自己顕示欲が強く、人から褒められるのが好き。人生とは、自分を中心に楽しく華やかに生きていくものと思っているのが獅子座。他人の派手なパフォーマンスを見て、たとえ自分の実力が伴っていなくても、負けずにそれをやろうとする傾向が。
 明るくユーモアのセンスも抜群。アイデアが豊富で、演出も上手。また、負けず嫌いで人一倍働き、実績を積もうとする努力家。何事も自分で経験しないと納得しない、よくいえばこだわり屋、悪く言えばわからず屋でもある。
 どんなに荒々しいことを言っても、罪が感じられないのは獅子座の人徳。
仕事
 陰の存在が大嫌い。とにかく目立って、人気もあり、常に自分が光り輝いているような仕事が一番。職業でいえば、タレント、女優、ダンサー、政治家、歌手など。でも、少し人気が出てくると、有頂天になって努力を怠るところがあって、そのために失敗するケースも多い。
 でも、なかには若いころに苦労をし、福祉関係や宗教関係に従事している入や、秘書のような裏方役の仕事をしながらも、周りからの人気が高いという人もいる。どちらかと言えば、責任が重くない仕事が向いている。
恋愛・結婚
 恋愛は経験しないとわからないという言葉は獅子座のためにあるようなもの。基本的に華やかで、にぎやかなことが好きだから、男性に対しても服のセンスがヤボったかったりすると、それだけでダメ。
 一度好きになったら、誰の忠告も聞かずに突っ走るタイブ。もしその男性があまりよくない人だったら、後の祭りになる。早い時期に結婚すると、離婚する確率が高いのも、こういう性格が災いしているから。
 人間は表面だけではなく、中身が大切なんだということをよく考えて、相手を選ぶべきだろう。
人間関係
 光とスポットが当たる場所には、必ず登場する獅子座。一見華やかな人間関係と思いきや、意外と孤独。牡羊座と何じで、白黒はっきりつけたいタイブだし、自分の気に入った人としか交際しない。しかも有名人には弱いミーハー的な部分もあるため、こういう要素を考えると、生き方が不器用だったりする。
 はっきりモノを言い過ぎるのも玉に傷。あまり感情的にならずに、落ち着いてよく考えることが秘訣である。
相性
 ○…牡牛座、乙女座、山羊座(美的感覚や感情的穏やかさを学べる)
 ×…蠍座(嫉妬心が引き出される)
交際方法
 単純なので、自信を持っている部分を的確に褒める。
詳細
7/23〜7/27:燃焼
 常に何かに燃え、熱中しようとしている。
 周囲の事情を考えず、独走し、迷惑をかける傾向がある。
7/28〜8/2:創造と破壊
 急進的で短気で衝動的な傾向がある。
 運勢は生涯を通じて変転しやすい。
8/3〜8/7:遊戯
 生活や仕事を享楽的に処理しようとする。
 往々にして浪費癖がある。
8/8〜8/12:逸脱
 日常から外れ、自分の可能性を試そうとする願望が強い。
 迂回ばかりし、何も身に付かない可能性もある。
8/13〜8/17:超能力
 獅子座にしては珍しく、神秘的な能力が発達している。
 啓示的なものを感じると、意志を抑えて流される傾向がある。
8/18〜8/22:誓約
 自分の能力を開花させ、人に認めさせようとする傾向がある。
 行動が、我が儘や支配欲として周囲から解釈される。

もどる