雑学研究

ホーム> 研究室> 健康・医学> アロエ事典>

アロエ事典

アロエの働きぶり

アロエの効用
 アロエの代表的な薬効成分のほとんどは、緑色の皮の部分(葉皮)に含まれる。 半透明の部分(ジェル)にも抗炎症作用を持つ成分や保湿作用を持つ成分(多糖類)が含まれてはいるが、 99.5%が水分で、その量はわずかなため、葉皮の部分を使うのが望ましい。
 日本では薬事法にアロエの薬理成分アロインが医薬品として登録されている。 そのためアロエベラ、ケープアロエについてはアロインの含まれる葉皮を取り除かないと食品としては使えない。(したがってアロエベラについては、食品となっているのは中身の半透明の部分だけ)
 ただし、日本で一般に見られるキダチアロエについては、 薬事法の「食薬部分」で特別な場合を除き「医薬品とみなさない」グループに分類されている。 キダチアロエを原料としたものは、葉皮を用いた商品(お茶、ドリンク、健康食品)も販売されている。
 アロエの薬効成分のほとんどは緑色の葉の部分に含まれているが、 半透明のジェル部分にも抗炎症作用をする成分や保湿作用をする成分が含まれている。
 アロエは多肉植物で、高濃度のポリフェノールを代表する抗酸化物質、 殺菌作用物質、食物繊維、タンパク質、ビタミンA,B,C,Eを含み、 多肉部分には豊富な多糖体とミネラルを含んでいる。 効能は、細胞活性化、免疫活性化、抗炎症、抗菌、抗潰瘍、痛み物質分解など広範囲にわたり、 アロエは「医者いらず」と言われる。
 火傷、傷、虫刺されには新鮮な葉を切り開き、 葉肉の透明なゼリー状部分を貼りつけると効き目があるとされる。 この作用は、アロエクチンBが免疫系を刺激して、患部に防御膜を張り、 傷の治りを早める能力があるからとされている。
アロエを飲むと・・(内服)
便秘アロイン、アロエエモジンが大腸内の水分を増やし、腸を活発にする
胃・十二指腸潰瘍アロエウルシンの抗潰瘍作用により、胃腸の粘膜を保護し、胃液の分泌を促進する
胃腸病アロイン、アロエエモジンが胃液の分泌を盛んにする
糖尿病アルボランA・Bが血糖値を降下させ、新陳代謝を高め、脂肪を燃やす
高血圧血管の弾力化、コレステロールの除去を促進する
低血圧新陳代謝を高め、血液循環を良くする
肝臓病アロエチンの解毒作用が炎症を鎮める
ガン免疫力を高め、ガンを防ぐ。また、アロクチンAに抗ガン作用がある
胆石・結石コレステロールを下げ、肝機能を高める
乗り物酔い神経の鎮静効果がある
二日酔いアロイン、アロエエモジンの解毒作用が肝臓を助ける
肩こり血行が良くなり、しこりをほぐす
四十肩・五十肩血液環境を整え、基礎体力をつける
冷え性自律神経を正常にし、体質を改善する
喘息アロエチンが気管支の粘膜を保護し、細菌の感染を防ぐ
更年期障害新陳代謝を活発にし、血液の循環を促進させる
頭痛脳血管を活性化することにより、頭痛を抑える
膀胱炎利尿作用に加え、アロエチンが毒素を中和し、炎症を和らげる
気管支炎アロエウルシンが粘膜の荒れを和らげる
鼻炎・蓄膿症アロエチンが粘膜の炎症を抑える
アロエの内服の一日の適用基準は、キダチが15g、ベラが60gです

アロエを塗ると・・(外用)
打ち身・捻挫患部の熱を取り、炎症を鎮める
かぶれ・湿疹アロエマンナンが殺菌し、アロエチンが消炎する
ひび・あかぎれアロエエモジンが薄い膜を作り、患部を保護する
炎症を抑え、止血し、痛みを和らげる
火傷アロエウルシンが皮膚組織を盛り上げて傷跡を治し、殺菌作用で二次感染を防ぐ
虫刺されアロエチンが毒素を中和し、腫れやかゆみを和らげる
擦り傷・切り傷アロエチンが化膿を防ぎ、皮膚組織を盛り上げる
うおのめ・いぼアロエチンが殺菌し、患部を和らげる
歯痛・歯槽膿漏アロエウルシンが炎症を抑え、腫れを和らげ、歯茎を引き締める
アロエの有効成分
アロエの有効成分と作用
アロイン(バルバロイン)苦味、健胃、緩下、瀉下
血管に弾力を与える
アロエウルシン抗潰瘍
粘膜を修復する
アロエエモジン苦味、健胃、緩下、瀉下
殺菌作用、胃液の分泌を盛んにする
アロエシン抗菌、美肌
アロエソンエモジン健胃、緩下
アロエチン抗カビ、抗菌、毒素中和
抗カビ作用、抗菌作用、肝臓の働きを補助する
アロエニン健胃、緩下
過剰な胃液分泌を抑制する
アロミチン抗潰瘍、抗ウイルス、抗ガン
粘膜を弾力化し、老廃物を排泄する
ホモナタロイン苦味質、件委、緩下、瀉下
アルボランA・B血糖値降下
蓚酸カルシウムカルシウム素材
アロエマンナン抗腫瘍
血行を促進する
サポニン配糖体、抗菌
ベータババロイン緩下
アロクチンA・B抗ガン
アミノ酸糖・有機酸類メラニン形成阻害(美白)
ムコ多糖類抗潰瘍
ミネラルメラニン形成阻害(美肌)
歴 史種 類| 効 能| 痩 身育 毛栽 培