雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化>

悪徳商法

悪徳商法の類型

 アポイントメント商法

  勧誘
・「会員だけの特典がある」と会員にする
  結果
・契約書を読むと、何かを購入したことになっている
・会員としての価値はない

 送りつけ商法

  勧誘
・代金引換の郵便物が家族名で届く
・Q2などの情報料を名目にする場合もある
・家族が頼んだ、あるいは使ったのだろうと代金を払う
  結果
・本人に尋ねると、頼んでいない物で、お金は戻らない

 キャッチセールス

  勧誘
・街頭で「話だけでも…」と声をかけられる
・事務所で長時間説得され、契約書にサインする
  結果
・契約したとおりのことができない
・高額なローンが残る

 催眠商法

  勧誘
・閉じられた空間で、ただ同然で商品を販売する
・購入希望者を挙手させ、欲しいという心理状態にさせる
・怪しいと気づいた人には「帰ってもいい」と強気に出る
  結果
・会場内の熱気と話術に乗せられ、不必要な高価な物を買う

 資格商法

  勧誘
・講座を受けると資格が取れる
・もうすぐ国家資格になるなどと言われる
  結果
・不必要な教材を買う
・不要な資格を取り、その資格の維持費用がかかる場合がある

 点検商法

  勧誘
・何かの無料点検をする
・役所や消防署から来たと言われる場合もある
・点検後、異常を指摘され、製品の購入や買い換えを勧める
・故意に状態を悪くして撮った写真を証拠として見せられる場合もある
  (瓦をずらす、床下に水をまくなど)
  結果
・不必要な高価な製品を買う

 内職商法

  勧誘
・気軽にできる高収入の内職を紹介すると言われる
・始めるには、教材や機材が必要だと言われる
・毎月、仕事の紹介費が必要な場合もある
  結果
・仕事がなく、出費しただけになる

 霊感商法

  勧誘
・最近、何か変なことがないか尋ね、それにつけこむ
・先祖のたたりで、こうすることを願っていると開運商品を買わせられたり、
 高額な祈祷料を請求される
  結果
・客観的に考えると、欲しくもないものを購入してしまう

 現物まがい商法

  勧誘
・金や貴金属を販売し、利子をつけて買い取ると言われる
  結果
・買い取らず、他へ売ろうにも資産的に価値がない

 利殖商法

  勧誘
・将来、値上がると称して、貴金属や会員権を販売する
・先物取引の場合もある
・今は最安値で、これ以上下がらないと言われる
  結果
・さらに下がっても、リスクは説明したと言い逃れされる

 マルチ商法(ネズミ講=無限連鎖講)

  勧誘
・商品を購入して会員になる
・次に買ってくれる人を紹介するだけで紹介料が入る
  結果
・大抵の場合、儲からず、高額の支払いと在庫が残る
・人間関係を壊す
  法律による定義
 実際に製品を売るのではなく、金品を出させ、 先順位者に連鎖して段階的に2以上の倍率を持って増加する後続の加入者が、 それぞれの段階に応じた後順位者となり、 順次先順位者が後順位者の醵出する金品から自己の醵出した金品の価額又は数量を上回る価額又は数量の金品を受領することを内容とする金品の配当組織を言うのであり、 無限に加入者が増加するはずはないのに無限に加入者が増加するとの仮説に立ち、 終局において破綻すべき性質のものである。


対策

 自衛

@必要がなければ、訪問や電話を断る
A「特別に」や「選ばれた」という言葉に乗らない
B上手い儲け話はないと思う
C契約を1人で決めない
D契約内容を確かめる
E「いいです(結構です)」という断り方をしない
Fその場で契約したり、支払いをしない
G変だと気付いたら、消費者センターへ

 相談窓口

日本通信販売協会:3434−0550
日本訪問販売協会:3357−6019
ユニオン・デ・ファブリカン(偽ブランド):3357−6019
 その他、公の相談所・相談室・消費者センターへ