雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化>

いやしの音楽

小鳥の歌声、虫の演奏、風や滝のささやきなどの自然のハーモニーは心を和らげます。 小さな音量で流れてくるBGMも、日常生活に安らぎを与えてくれることでしょう。 ここでは朝の目覚め・食事時・夜のおやすみの3つの状況の音楽を紹介します (後日、別のTPOも追加予定)。

 タイトル作曲者
おめざめに 前奏曲作品32第5番ト長調ラフマニノフ
鳥かご 組曲「動物の謝肉祭」よりサン・サーンス
バイオリンソナタ ホ長調より第3楽章テンポ・ディ・ガボットフランソワ・フランクール
ボンデール1990 「タンゴの歴史」よりピアソラ
白い小さなロバ 組曲「物語」よりジャック・イベール
ロンド バレエ組曲「火の鳥」よりストラビンスキー
ブランデンブルク協奏曲第2番ヘ長調BWV1047第3楽章アレグロ・アッサイJ.S.バッハ
食事時に イタリアーナ 「リュートのための古風な舞曲とマリア」よりレスピーギ
バルカローレ 嬰ヘ長調Op.44リャードフ
フルート・オーボエとチェンバロのための三重奏曲ハ短調より第1楽章アンダンテヨハン・ヨアヒム・クバンツ
オルガン協奏曲変ロ長調Op.4-6HWV294第1楽章アンダンテアレグロヘンデル
ピアノソナタ第21番変ロ長調D960第3楽章スケルツォシューベルト
おやゆび小僧 組曲「マ・メール・ロワ」よりラベル
おやすみに 前奏曲ラベル
タイスの瞑想曲マスネ
ナナ 「7つのスペイン民謡」よりファリヤ
僧ロレンス バレエ「ロミオとジュリエット」第2組曲Op.64プロコフィエフ
ジュスランの子守唄ゴダール
夜 アルト・フルートとギターのための「海へ」より武満徹
夜想曲嬰ハ短調遺作ショパン