雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 日曜大工事典>

日曜大工事典

木の塗装
塗装の準備
・洗浄
  ブラシやタワシで水洗いして乾燥させる
・補修
  ひび割れは充填剤で埋める
  シリコン系は1日後〜1週間以内に塗る
  ポリウレタン系は3日以内に塗る
・釘の打ち直し
  釘が浮き上がっている場合には打ち直す
・古い塗膜をはがす
  ブラシやサンドペーパー(80番)で、古い塗膜をはがす
・マスキング
  塗料がつかないように周囲をマスキングする

塗料の種類
・防虫防腐ステイン(木目が見える)
  木に浸透して防虫防腐効果を持続させる
・外部用ニス(木目が見える)
  透明なニスで、つやがある仕上がりになる
・屋外木部用塗料(木目が見えない)
  色が豊富で、つやのある仕上がりになる
・水性多用塗料(木目が見えない)
  色が豊富で、半つやの仕上がりになる

木目を活かす塗装
 1)サンドペーパー(240番)で凹凸を取り除く
 2)必要な部分をマスキングする
 3)細かい部分をスジカイバケで塗る
 4)1回目の塗装は素早く塗る
 5)乾いてからサンドペーパー(600番)をかける
 6)サンドペーパーのくずを取る
 7)再び塗装する

木目を隠す塗装
 1)塗りにくい場所(コーナーや継ぎ目)を塗る
 2)コテバテやローラーバケで全体を塗る

注意点
・晴れた日に塗装する
  雨の日、強風の日は避ける
・塗料をよく混ぜる
  塗料の顔料は沈んでいるため、均一にする
・必要量だけ薄める
  必要な分を別容器で薄める
・乾燥後に変色する
  塗る前の色ではなく、見本で判断する
・高所で缶を持たない
  両手がふさがると万が一の時に危険
・ハケに布を巻きつける
  ハケの先から塗料が流れるのを防ぐ
・ハケは塗装後すぐに洗う
  塗料が乾く前に洗う
  水性塗料は水洗い後、台所用洗剤で洗う
  油性塗料は水洗い後、薄め液で洗い、台所用洗剤で洗う