雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 日曜大工事典>

日曜大工事典

コンクリート
コンクリートとセメントについて
・JISで規定されているセメントは20種類以上ある
・定義
名称定義
セメント二酸化珪素、酸化アルミニウム、石灰石、酸化鉄、酸化マグネシウムの乾燥粉末
モルタルセメントに砂を混ぜたもの
セメント:砂=1:3あるいは1:2で混合
コンクリートセメントに砂利を混ぜたもの
セメント:砂:砂利=1:3:6あるいは1:2:4で混合
ポルトランドセメント石灰石、粘土、珪石、鉄原料、石膏で作られたもの
普通ポルトランドセメント=汎用性の高いセメント
早強ポルトランドセメント=長期間強度を持続させたい工事に使う
混合セメントポルトランドセメントに高炉スラグ、石灰炭、二酸化珪素を混ぜたもの
高炉セメント=高炉スラグを混ぜたセメントで、耐海水性・化学抵抗性に優れる
フライアッシュセメント=良質な石灰炭を混ぜたセメントで、大型工事に使われる
シリカセメント=天然のシリカを混ぜたセメントで、耐薬品性に優れるが、初期強度が低い
エコセメント都市ゴミ、焼却灰などを主原料にしたセメント
アルミナセメントボーキサイトと石灰石を主原料にしている
水硬性セメント歯科用に使われる
鉄筋コンクリートコンクリートに補強材として鉄筋を入れたもの
生コンクリートコンクリート製造設備をもつ工場(生コン工場)で製造され、フレッシュコンクリートの状態で施工現場に配達されるコンクリート
水増しコンクリート水分が多く劣化が早い(違法)

・一般的にセメントを1t作るには、石灰石1,200kg、粘土240kg、珪石40kg、鉄原料30kg、石膏30kgが必要
・セメントを流しに流すと、配水管をつまらせる場合がある

作り方
1)専用トレーか合板の上でセメントと砂を空練りする
2)砂利を加えて、空練りする
3)山を作って、凹みを作り、水を少しづつ加えて練る

使い方
1)外枠を作って固定する
2)内側に大きめの砂利を敷き、地盤を固める
3)コンクリートを流し込む
4)表面をならして、余計なコンクリートを除く
5)急に乾燥するとひび割れるので、シートをかぶせて5日ほど置く
6)枠を軽く叩いて取り外す
7)表面をモルタルで仕上げる