雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 儀式・行事事典>

儀式・行事事典

七五三
七五三とは?
・男子は3歳と5歳、女子は3歳と7歳の時にお参りをする
・男女とも、3歳になると髪を結い直す髪置(かみおき)を行う
・男子は5歳になると初めて袴をつける(袴着)
・女子は7歳になると衣服の付け紐を取って本式の帯をつける(帯解)
・これらの武士の儀式の総称を言う

祝い方
・本来は数え年だが、満年齢でも構わない
・11月15日にこだわる必要もない
・3歳の時には祝い着
・5歳の男子は紋付き羽織に仙台平の袴
・7歳の女子は本裁ちの着物に肩上げ・腰上げをして、かかえ帯を結ぶ
・参拝は、神前で鐘を鳴らし、ニ礼ニ拍手一礼
・神官にお祓いと祝詞を奏上してもらえる
・謝礼の表書きは「御初穂料」か「御玉串料」

七五三の貸し衣装料金 (目安)  単位(円)
時 期ランク女子3歳用男子5歳用女子7歳用
10月1日
〜11月19日
 A
 B
 C
 12,000
 10,000
 8,000
 20,000
 15,000
 10,000
 30,000
 25,000
 15,000
11月20日以降 A
 B
 C
 10,000
 8,000
 6,000
 17,000
 12,000
 8,000
 25,000
 20,000
 10,000

挨拶
・本来は参拝後に実家や親戚の家を挨拶回りする
・内祝いとして、千歳飴や赤飯を配り、夜には招待して祝い膳を囲む
・近年では家族だけで祝う家が増えている

贈り物とお返し
・実家が晴れ着を贈ることが多い
・親が子供を祝う行事なので、身内以外が贈り物をする必要はない
・贈るなら、扇子、草履、リボン、ネクタイなどの小物
・お返しは必要ない
・お返しをしたければ、いただいた金額の1/3を目安に

千歳飴
・1615年に水飴を発明した大阪商人が浅草寺境内で売り出した
・長く伸びるという縁起にあやかり、寿や鶴亀が描かれた袋に入っている
・年齢の数だけ袋に入れる