雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 儀式・行事事典>

儀式・行事事典

厄払い
厄年とは?
・厄年は災難に遭いやすい年として、身を慎み厄を払う風習がある
・厄は役に通じ、人生の節目として、災難ばかりが強調されるわけではない
・男性は、10歳、25歳、42歳、61歳
・女性は、19歳、33歳、37歳
・男性の42歳と女性の37歳は大厄で、前後の年が前厄・後厄とされる
・地方によっては、男女の7歳、13歳、77歳、88歳も厄年とされる

厄払いの風習
・厄年の前年の大晦日・当年の正月に神社へお参りする
・厄除け祈願のお守りを買う
・厄払いの祈祷では「御祈祷料」を奉納する
・祝宴を開き、厄を拾ってもらう
・神社で櫛や手ぬぐいなどの小物を故意に落として厄を落とす
・小正月や節分に再び正月を祝い、厄年を送り出す(年重ねの祝い)

厄除けの贈り物
・長いもの、うろこ模様のもので、肌身離さずに所持できるもの
 恵比寿と大黒の化身が竜神だとされるため
・男性は、ネクタイ、ベルト、財布、定期入れ、名刺入れ
・女性は、ベルト、スカーフ、ペンダント、財布、定期入れ
・青海波、鮫小紋、江戸小紋などの細かい染模様をあしらった小物

お返しの品
・厄払いの祝宴に招いた人には引出物を渡す
・他の人を巻き込まないように食べ物や日用品を贈る
・厄年が無事に終わった時には内祝いを贈る

厄年を終えた人には
・表書きは祝厄払い、祝厄落ち、祝厄除けとして御祝を贈る
・ハンカチ、タオル、万年筆、ボールペン、コースターなど