雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 儀式・行事事典>

儀式・行事事典

長寿の祝い
祝いの心構え
・長寿の祝いは誕生日に行う
・人を招く場合には誕生日以降の休日を選ぶ
・お年寄り扱いされたくない人もいるので、本人の意向を確認する

長寿の祝い
名 称年 齢基調色
還暦
華甲
61歳赤(生命と厄除けの色)
生まれ年の十干十二支が一巡するから
「華」を分解すると「十」が6つと「一」が1つあり、
甲は干支の最初の甲子(きのえね)を意味する
古希70歳紫(高貴な色)
杜甫の「人生七十古希稀なり」に由来している
喜寿77歳
「喜」を草書にすると「七」が3つになるから
傘寿80歳金茶(太陽・沃土黄金)
「傘」の俗字は「八十」と読めるから
半寿81歳金茶
「半」を分解すると「八十一」となるから
米寿88歳金茶
「米」を分解すると「八十八」となるから
卒寿
鳩寿
90歳白(神聖な色)
「卒」の略字(卆)は「九十」と読めるから
白寿99歳
「百」から「一」を取ると「百」になるから
百寿100歳 
百賀の祝いともいい、百歳以上は毎年祝う
101歳は百一賀の祝い、102歳は百ニ賀の祝い・・
茶寿108歳 
「茶」を分解すると「八十八」の上に「十」が2つあるから
珍寿110歳 
大変珍しいほど長寿だから
皇寿111歳 
「皇」を分解すると「白」「十」2つの「一」だから
大還暦120歳 
還暦の倍だから

祝宴では
・自宅に招待された場合、贈り物を持参する
・自宅以外の場合、当日より前に自宅に届くようにする
・会費制の宴席の場合、お祝いは必要ない
・祝賀会では、男性はスーツ、女性は無地の着物、訪問着、スーツ
・不吉な言葉(朽ちる、果てる、病、死、弱る、最後など)は厳禁

贈り物の例
・還暦:赤い頭巾とちゃんちゃんこ、ネクタイ、マフラー、ポロシャツ、ギフト券
・古希・喜寿:紫の頭巾、マフラー、座布団、読書用ルーペ、香炉、湯呑、飾皿
・喜寿:雲竜紫の座布団、金箔おしどりの額、高砂の掛軸
・傘寿:漆器翁朱の丸額、金茶の座布団、大型ルーペ、傘
・半寿:金茶の頭巾・ちゃんちゃんこ、湯呑と緑茶
・米寿:金杯・銀杯、青磁の香炉、金茶の甚平、座布団、扇子、高砂の掛軸
・卒寿:鳩杖、福寿徳利、翁人形、高砂掛軸、盆栽
・白寿:白色の頭巾・甚平、賀寿人形、扇子、富士山彫金額、高砂掛軸
・鶴亀模様の座布団、掛け軸、金銀杯、陶磁器、南天の箸、桑の碗
・草履や靴などの履物は踏みつける意味合いがあるので避ける

長寿の祝いの相場
贈り先最多回答額平均額
両 親5,000円36,430円
親 戚10,000円12,900円
祖父母3,000円
5,000円
13,840円

お返し
・当人が主催した場合は引出物、他の人が主催した場合は記念品
・「寿」入りの紅白の餅、紅白饅頭、赤飯
・掛袱紗、包袱紗、金封袱紗、風呂敷
・名入り湯呑、花瓶、時計、絵、置物、漆器
・自作直筆の短冊、色紙、白扇
・朱肉、紅白砂糖、陶器、祝菓子など