雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 儀式・行事事典>

儀式・行事事典

端午の節句
端午とは?
・端午は月の始めの午の日(5日)のこと
・中国では陰暦の5月は物忌みの月とされ、5月5日は災厄を祓う行事を行う
・中国の風習が伝わり、日本では薬草のよもぎや菖蒲を飾って厄除けをするようになったが、江戸時代に武家の間で男子の出世を祝う日となった
・菖蒲は、尚武や勝負に通じるとされる
・鯉のぼりは、鯉が滝を昇って竜になるという伝説から、男子の出世を意味する
・五月人形は、強くたくましく育つようにという気持ちが込められている
・柏餅は、柏が若い葉が出ないと古い葉が落ちないことから、跡継ぎが絶えないようにという願いが込められている
・ちまきは、中国の戦国時代に忠臣であった屈原はの命日が5月5日で、竹の筒に米を入れたもので供養したのが起源。 屈原は清廉潔白であるがゆえに地位を追われて川に身を投げ、その後も竜に苦しめられていることを人々に夢で訴えたため、竜が嫌う草の葉で米を包んで供養した

祝い方
・男子のいる家庭で鯉のぼりを立て、五月人形を飾り、柏餅やちまきを食べて祝う
・菖蒲を軒先につるしたり、菖蒲湯に入ったり、菖蒲酒を飲む地方もある
・五月人形は、節句の1〜2週間前に部屋の上座に飾る
・三段飾りの場合には、上段は中央に鎧兜、両脇に弓と太刀、中段は軍扇・太鼓・陣笠、下段はちまき、柏餅、酒などの供え物を置く
・鯉のぼりは、竿の先に回転球と矢車を付け、上から順に、吹流し、真鯉、緋鯉、子鯉を並べる

贈り物
・鯉のぼりは増やす風習もあるが、五月人形は増えるのを好まない家庭もある
・端午の節句の飾り物以外で、先方が喜ぶようなおもちゃなどが良い
・遅くとも当日の10日前までに届くように贈る

五月人形と鯉のぼりの仕舞い方
・端午の節句が過ぎたら、なるべく早く、天気が良い日にしまう
・鯉のぼりは、綺麗な布で水拭きした後に乾拭きし、陰干ししてからしまう
・五月人形は、陰干しした後にポリ袋に入れて密封する
・防虫剤は素材を傷める場合があるので要注意