雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 儀式・行事事典>

儀式・行事事典

中 元
中元とは?
・中国では正月の15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元と呼んだ
・上元には天官(天神)、中元には地官(慈悲神)、下元には水官(水と火の神)を祭る
・お中元は、中国の伝統に日本古来の祖先供養の盂蘭盆会(お盆)が融合したもの
・お中元に贈るものは祖先への供物であったが、生きている祖先である両親への贈り物になった
・江戸時代に入り、お世話になった人へ贈り物をする習慣として一般化して

贈る時期
・一般的に7月初めから15日に贈るが、一ヶ月遅れの地方もある
・デパートでは6月下旬からお中元用のギフトコーナーが開設されるので、早めに手配を済ませる
・一般的には7月15日を過ぎたら「暑中御見舞」、立秋(8月8日頃)を過ぎたら「残暑御見舞」という表書きにする

贈る相手
・仲人:3年目までが礼儀で、その後は交流次第 ・上司:虚礼廃止の職場もあるので、規則に準じる
・先生:特別な場合以外は贈る必要がない
・医師:健康な姿を見せることが感謝の気持ちを伝える挨拶となる
・近隣:贈る必要はないが、いつも不在中に荷物を預かってもらうなど特別の場合には親交を深める意味で贈る
・両親:別居している場合には贈る

贈るもの
・好み、家族構成、年齢などを考慮する
・感謝の気持ちが第一で高価なものが良いわけではない
・相場は3000〜5000円
・季節感のあるものや重なっても困らないものが良い
・人気があるのは食料品や日用品
・多く贈られるものは、ビール、缶詰、乾麺、海苔、洋菓子、飲料水、調味料、佃煮、肉加工品、鮮魚
・特産品など同じものを毎年贈るのも良い
・相手が長期不在の場合もあるので生ものは避けた方が無難

贈り方
・持参が望ましい
・持参の場合、先方の都合を事前に尋ね、訪問は長居をしない
・品物は包み紙を外して差し出すが、お中元は包み紙をかけたままでも構わない
・配送の場合、手紙か葉書で感謝の言葉と品物を贈ったことを伝える
・電話での通知は、基本的に避ける
・お中元は日頃の感謝を表すものなので、喪中でも贈って差し支えない
・喪家の場合、四十九日を過ぎてから、略式の短冊か白奉書紙に「御中元」「暑中御見舞」と表書きして贈る

お中元の相場    単位(円)
上段=最多回答額 下段=平均
贈り先20代30代40代50代
親・親戚3,000
4,670
5,000
5,000
5,000
6,210
5,000
6,980
友人・知人3,000
3,000
5,000
4,340
5,000
5,580
5,000
5,650
上 司3,000
4,340
5,000
4,400
5,000
6,400
5,000
6,670
取引先 5,000
3,870
5,000
4,990
5,000
6,390
20代の取引先はサンプル数が少ないために集計せず

受け方
・持参された場合、お礼の後に床の間へ納め、中座する時に奥へ持って行く
・お盆や袱紗をつけて贈られた場合、帰り際におうつりを添えて返した
・おうつりとは、足を運んでくれた相手に対する感謝の意味でマッチ、化学調味料、石鹸など小額で実用的なものを渡すこと
・お中元のお返しは原則的に必要ないが、過分なものならお返しをする
・お礼は電話を避け、礼状を到着後3日以内に送る
・夫宛のものに対して妻が代筆する場合は夫の名前の横に「内」と書き添える
・仕事の関係上、どうしても受け取れない場合には包装を解かずに手紙を添えて送り返す