雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 儀式・行事事典>

儀式・行事事典

お 盆
お盆とは?
・お盆は、7月15日前後に先祖の霊を迎え、もてなし、送り出す仏教行事
・盂蘭盆会(うらぼんえ)とも呼ばれる
・語源はサンスクリット語のウランバナで、餓鬼道に落ちた亡者の苦しみを救済するという意味
・釈迦の弟子の目連が釈迦に母親が餓鬼道で苦しんでいることを相談し、高僧に供養してもらって救済したのが起源
・お盆の期間は一般的に7月13日から16日だが、農作物の収穫期を外すという配慮から、地方によって異なる

お盆の仕方
・13日の朝に先祖の霊を迎える準備として盆棚を作る
・盆棚は、位牌を安置して供え物を載せる棚
・盆棚に位牌を移し、仏壇を掃除し、盆の間は扉を閉めておく
・盆棚には、桔梗、女郎花(おみなえし)、萩などの盆花、香炉、鈴を飾る
・食べ物は、季節の野菜・果物、水、白玉団子、素麺などを添える
・先祖の霊の乗り物として馬や牛の形になるようにキュウリやナスに割り箸で足をつけたものを並べる
・地方によっては、ナスとキュウリを賽の目に刻んだものを洗った米と混ぜ、水を張った丼に入れる水の実を供えることもある
・お盆の期間には、一日三回、水、お茶、炊き立てのご飯の最初のものを供え、精進料理を添える
・本来は家族も精進料理を食べる
・13日は墓参りをして夕方から迎え火を焚く
・門や玄関でおがら(麻の茎)を焚いたり、盆提灯を吊るして、先祖の霊が道に迷わないようにする
・馬や牛の形のキュウリやナスを頭を家に向けて置く
・16日の夕方に迎え火と同じ場所で送り火を焚いて送り出す
・馬や牛の形のキュウリやナスを頭を家と逆に向けて置く
・盆棚の供え物や飾りは、菩提寺に持参するか、庭先で燃やすか、新聞紙で包んでゴミの日に出す
・長崎では供え物や飾りを流す精霊流しという行事がある

新盆の仕方
・新盆とは、四十九日の忌明け後に初めて迎える盆で、通常よりも丁重に供養する
・1〜7日に立派な盆棚を作る
・盆棚には、初物の野菜・果物、白玉団子、故人の好物、精進料理を用意する
・故人と縁の近い者が軒先に白張りの新盆提灯を飾るかロウソクを灯す
・14・15日には、新盆法要で親類知人を招き、僧侶に読経供養をしてもらう
・僧侶に茶菓を勧め、お布施を渡す
・お布施は不祝儀袋にいれ、「御布施」「御法令」「御経料」という表書きをする
・16日の夕方に迎え火と同じ場所で送り火を焚いて送り出す
・墓地が近くにある場合、提灯で霊を墓地まで案内した後、提灯を寺に納める

新盆の時の贈り物
・近親者が白張りの新盆提灯に喪家の家紋を入れて一対にして贈る
・新盆提灯は盆入りの一週間前には届くようにする
・他の人と重なる場合には「御提灯代」として現金を包むか、線香を送る
・地方によっては新盆提灯を喪家が用意するところもある
・新盆に招かれた場合、故人が好きだった食べ物を持参するか、香典の半額程度の現金を包む
・提灯や供え物をいただいた場合、「志」として、菓子、お茶、海苔などを渡す

帰省に際して
・帰省の日程は事前に知らせる
・元気な顔を見せるために、できるだけ家族一緒に行く
・お世話になる実家へお土産を用意する
・家事に協力すべきだが、義姉の場合には手伝うことがないか一言声をかける
・身内との交流を深める