雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 儀式・行事事典>

儀式・行事事典

結婚式
種類
・神前式
  三三九度の杯を取り交わして結婚を神に誓う結婚式。
  本来は神社で挙げるが、ホテルや結婚式場の神殿で挙げる人が多い。
・仏前式
  仏や先祖に結婚を誓う結婚式。
  菩提寺、式場のある寺、僧侶を招いて自宅で挙げる。
・教会式
  信者でない場合には宗教的指導を受ける。
  親族、友人だけでなく、一般の人も参加できる。
  教会で挙げる。
・人前式
  親族、友人、知人などの前で結婚を誓う結婚式。
  定型がなく、誓いの言葉を読み上げたり、婚姻届けにサインしたりする。

招待客
・神前式・仏前式
  一般的には三親等まで招待する。
  特に親しい親戚がいれば招待する。
・教会式
  誰でも招待できる。
  一般の人まで参列できる。
・人前式
  誰でも招待できる。
・いずれにせよ、新郎と新婦で招待者の数が同じになるようにする

挙式だけなら
・披露宴を行わない場合には、その旨を周囲に報告する
・親戚や上司が招待されなかったと誤解されないように配慮する
・事前に伝えられない場合には、後日、挨拶状の中で報告する

破綻の場合
・本人が各々自分の招待客に早急に挨拶状を出す
・事実とお詫びを明瞭・簡潔に書く

 
 先日、お知らせ申し上げましたように挙式予定でおりましたが、 このたび私どもの(あるいは先様の)事情によりまして、 結婚を取りやめることとなりました。
 お招き申し上げておりながら、勝手を申し上げ、誠に申し訳ございません。
 お詫びとともに、ご報告申し上げます次第です。