雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 儀式・行事事典>

儀式・行事事典

新 築
地鎮祭とは
・地鎮祭は、工事前に土地の神を鎮めるために行う祭り
・日取りは六曜の吉日か十二直の「建(たつ)」「満(みつ)」「成(なる)」のいずれか
・氏神を祭る神社の神主に依頼する
・依頼時には、建築主の氏名、いつ、どこに、どんな建物を建てるのか伝える
・参加者は、神主、建築主、棟梁、設計者、鳶頭、大工
・必要なものは、祭壇、しめ縄などの祭具と供物
・供物は、御神酒一升、少量の洗米・塩・水、
 海の幸(昆布、スルメ、尾頭付きの魚など)、
 山の幸(大根、芋、枝豆などの野菜や果物)
・祭具は神社側が用意し、供物は建築主側で用意する
・最後に簡素な祝宴を開くので、御神酒とは別に酒や料理を用意する
・供物は神主に持ち帰ってもらう
・建築主は、菓子折りを持って、近所に挨拶回りをする

地鎮祭の手順
・準備
 1. 地ならしした敷地の中央の祭場を設ける
 2. 四隅に葉のついた青竹を立て、しめ縄を張る
 3. 中央に盛砂をして、用意した祭壇に供物を並べる
・手順
 1. 神主のお祓いを参列者が頭を下げて受ける
 2. 神主が祝詞奏上する
 3. 棟梁が盛土に鋤の刃を入れる
 4. 神主から玉串を受け取り、建築主、家族、工事関係者の順に祭壇に捧げる(玉串奉奠)
 5. 祭壇に供えた瓶子に蓋をして、祝詞を奏上する(撒餞)

地鎮祭の祝儀
・神主へのお礼は1〜3万円
・祝儀袋に入れ、表書きは「御神餞料」「初穂料」とする
・供物を用意してもらった場合には5割増し
・神主は車で送迎するが、送迎しない時には「御車代」を渡す
・工事関係者へ祝儀を渡す
  棟梁:1〜3万円 鳶頭:1〜3万円 その他:半額
・祝儀袋に入れ、表書きは「御祝儀」とする
・棟梁に供物を用意してもらった場合には5割増し

上棟式
・棟木(最上部)を上げる時の儀式
・新しい建物に災いがなく、幸が多いように祈願する
・本来は神主に御祓いしてもらうが、今は棟梁が仕切る
・手順
 1. 棟木に幣串という魔除けの飾りを立てる
 2. 玄関の辺りに簡素な祭壇を設け、供物を並べる
 3. 棟梁が祭壇に二礼二拍手一礼をして、    洗米と塩を建物の四方にまき、
   御神酒を四方の柱にかける
・儀式の後に祝宴を開く
・折詰の料理とお酒を持ち帰ってもらう場合もある

上棟式の祝儀
・棟梁・鳶頭:1〜3万円 その他:半額
・棟梁に供物を用意してもらった場合には5割増し
・祝儀袋に入れ、表書きは「御祝儀」とする
・式に参加する職人の数を聞き、一括して棟梁に渡す
・式の後に近所への経過報告を兼ねて挨拶回りをする
・挨拶回りには式の宴会に用意したものと同じ折詰やお酒を持参する

新築披露会
・新築後、早めに友人や親戚を招待する
・招待状には住所、電話番号、最寄り駅からの地図と所要時間を書く
・家の内外を見てもらうので、昼間に行う
・落ち着いていない時期なので、準備するのは軽食で構わない
・招待者は家を一通り案内する
・事前に贈られた品物があれば飾っておく
・贈り物がまだの招待者の前でお礼を言うのは催促になるので要注意

招待されたら
・新築披露は出席することが祝いになるので出席する
・招待されたら具体的にほめる
・批判的な意見を言って、不快にさせないようにする
・倒れる・潰れる・焼けるなども言わない
・訪問前に祝いを贈るが、当日に花束を贈り、後日贈っても良い

新築祝いの贈り物
・現金や商品券でも品物でも良い
・祝儀袋に入れ、表書きは「祝御新築」「御新築祝」「祝御完成」とする
・品物は調度品や装飾品などが良い
・鉢植え、庭木、生花、お酒などでも良い
・日本酒(つの樽・こもかぶり)も用いられる

新築祝いの相場  単位:円
贈り先最多回答第二位回答
勤務先10,000 5,000
親 類10,00030,000
兄弟姉妹50,00020,000
友 人 5,00010,000

新築祝いのお返し
・新築披露に招待することがお返しになる
・招待しない人から貰ったら、礼状と品物を贈る
・菓子折や日用品で、表書きは「内祝い」とする