雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 儀式・行事事典>

儀式・行事事典

葬儀・告別式
葬儀と告別式
・葬儀とは、遺族と近親者のみで故人を成仏させる儀式
・告別式とは、友人や知人が成仏した故人に別れを告げる儀式
・葬式とは、葬儀と告別式が一緒になったもの

葬儀の進行
 1)参列者着席
 2)僧侶入場
 3)開会の辞
 4)読経
 5)弔辞・弔電披露
  司会者が氏名を呼び、前へ進み、読み終えた弔辞は霊前に供える
  弔辞後に弔電を紹介
 6)読経
  読経の間に参列者が焼香する
  焼香後に読経を締めくくる
 7)僧侶退場

告別式
・遺族・親族は、通路を隔てて一般会葬者と向き合う
・読経が始まったら、会葬席順に焼香する
・告別式では遺族は焼香しない
・焼香後に僧侶は読経を終えて退場する
・司会者が閉会の辞を述べて終える

焼香の作法
・次席の人に会釈をして席を立つ
・遺族と僧侶に一礼をしてから祭壇へ向かう
・焼香台の手前で遺影を見て一礼する
・焼香台の前に進んで合掌し、焼香する
・数珠を持っている場合には左手にかける
・焼香は、香を右手の親指・人差指・中指でつまみ、目の高さに上げてから香炉にくべる
  焼香回数は宗派によって異なる
・焼香後に、合掌して一礼する
・数歩下がって、遺族と僧侶に一礼する
・葬儀では自席に戻り、告別式なら退出して外で出棺を待つ

葬儀の係
・世話役:一般的には通夜・葬儀・告別式を兼ねる
・世話役補佐:必要に応じて増やす
・葬儀委員長:葬儀全体を指揮する
・会計係:香典の管理、心づけの用意、出納帳の記帳を行う
・受付係:参列者の受付を行う
・進行係:葬儀の司会進行、弔辞・弔電の整理を行う
・接待係:参列者・僧侶の接待・料理の用意

支払先
・葬儀社
  葬儀3・4日後に請求書を持って来る
  見積もりよりも多くなりがち
・酒屋・仕出屋
  取り込み中を避けて、後払いになることが多い
・僧侶
  葬儀料・戒名料を葬儀後一両日中に支払う
  不祝儀袋に入れ、表書きは「御布施」「冥加」とする
・神職・牧師・新父
  キリスト教式では謝礼は献金となる
  牧師・神父個人へ渡したい場合には別に包む
・会場(寺・教会・斎場)
  寺社や教会へは謝礼を支払う時に持参する
  斎場は葬儀後2・3日中に支払う

お礼
・世話役:初七日までに喪主か遺族が出向いて金銭か品物を渡す
・各係:葬儀当日に渡すが、日を改めても良い
・葬儀委員長:喪主ではない人が現金ではなく、品物を渡す
・故人・喪主の勤務先:喪主の代理が菓子折りなどを持参する
・弔辞をお願いした人:手土産を持参する
・隣近所:手伝ってもらわなくても、粗品を持参する

葬儀料の目安
・葬儀社の基準・発注者の希望でさまざま
・遺骨収納容器、霊柩運送車、火葬形式、葬祭形式などによって異なる
・全国平均で117万円だが、市区町村に申し込むと低廉に抑えられる