雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 儀式・行事事典>

儀式・行事事典

香典・香典返し
香典とは
・死者の霊前に供える香に代えて包む現金
・通夜に間に合わなくても構わない
・奉書紙に包み、黒・白、または銀色の水引を結び切りにかける
 あるいは、不祝儀袋に包む
・表書きは共通するものでは「御霊前」
  仏式:「御香典」「御香料」
  キリスト教式:「御花料」
  神式:「御神前」「御榊料」
・上包みの裏には、住所、氏名。金額を書く

香典の額の目安
・目上の場合には多目に包む
・故人が世帯主であれば、残された家族のために多目に包む
・高齢者や子供であれば少なめに包む
・香典の相場
  祖父母:5,000〜10,000円
  両 親:100,000円
  兄 弟:30,000円
  親 戚:10,000円
  友 人:5,000円
  職 場:3,000〜5,000円
  隣近所:3,000〜5,000円

香典返し
・お返しをする必要はないが、忌明けの挨拶状に添えて贈るのが一般的
・香典返しの礼状は出さない
・香典返しに対して何かを出すとすれば様子伺いにする

香典の返しの時期
・仏式:35日か49日の忌明け
  年を越す場合や三ヶ月にまたがる場合には35日の忌明けにする
  葬儀当日に会葬者に渡す地方、初七日の後に香典返しをする地方もある
・キリスト教式:一ヵ月後
  プロテスタントでは召天記念式、カトリックでは追悼ミサの後
・神式:三十日祭か五十日祭の後

香典返しの目安
・金額は半返しが一般的とされる
・相互扶助的なものなので、1/3程度や忌明けの挨拶状だけでも良い
・品物は実用品
  例:タオル、シーツ、風呂敷、石鹸、漆器、陶磁器、海苔、茶、砂糖
・品物は、白い奉書紙をかけ、黒白の水引をかける
・香典返しの挨拶状は奉書紙に薄墨で書くか、薄墨印刷をする