雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 儀式・行事事典>

儀式・行事事典

戒名
戒名とは
・戒名は、仏弟子となる際に授けられる名前
・戒めを犯さないように誓約させる意味がある
・本来は生前につけてもらう
・現代では、枕づとめから納棺までに命名してもらう
・故人が戒名を拒否した場合には俗名で通す場合もある
・戒名は変更できない
・宗派によって呼称が異なる
  法名:浄土宗・浄土真宗
  法号:日蓮宗
  戒名:禅宗など

戒名の命名法
・性別やランク付けの「位号」が加わる
・信仰・社会貢献に応じて「道号」「院号」「院殿号」が加わる
・院号・院殿号は、法号の上につく
・戒名(法名)は、故人の俗名、自然を表す文字、生前の人柄や業績を表す文字を入れる
・位号は、戒名の下につく
 →「頭文字、院号、道号、戒名、位号、下文字」の順
・宗派による違い
  浄土宗:誉号
  浄土真宗:釈号
  真言宗:男は阿号、女は弌号
  日蓮宗:日号

位号の種類
名 称意 味
居士信仰が厚かった男子
大姉信仰が厚かった女子
信士出家せずに仏教を修行した男性
信女出家せずに仏教を刺激した女子
童子7〜15歳の男児
童女7〜15歳の女子
孩児就学前の男児
孩女就学前の女児
嬰児男の乳飲み子
嬰女女の乳飲み子
水子死産・流産した胎児