雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 儀式・行事事典>

儀式・行事事典

埋葬・納骨
埋葬と納骨
・遺骨は、葬式を終えて自宅へ戻った後で埋葬か納骨する
・遺骨は、寺に預けて供養をしてもらってから埋葬・納骨する場合もある
・埋葬とは、墓に納めること
・火葬した遺骨を埋葬する場合には、正式には埋蔵という
・納骨(永代納骨)とは、納骨堂に納めること
・墓地が間に合わない場合、納骨堂に預ける場合がある(仮納骨・預骨)

埋葬式
・四十九日の法要の時に行うが、初七日などでも構わない
・埋葬式は、遺骨を墓に安置し、墓石を建て、僧侶に読経・焼香してもらう
・墓石が準備できていなければ、白木の墓標を建てる
・準備するものは、
  火葬証明書、遺骨、位牌、供花、果物・菓子、茶碗、箸、皿など
・服装は、
  喪主は、正式な喪服
  遺族や参列者は、法要の時なら略式の喪服、法要以降なら地味な平服
・謝礼は
  僧侶へは、白封筒か奉書紙に包み、表書きは「御礼」「御布施」とする
  墓地の管理人へは、不祝儀袋に包み、表書きは「謝礼」とする
・招待者は、遺族、近親者、友人・知人など
・式後に、喪主は参列者を茶菓や料理でもてなす

納骨式
・四十九日の法要の時に行うが、初七日などでも構わない
・納骨式は、遺骨を納骨堂に安置し、僧侶に読経・焼香してもらう
・他は埋葬式と同じ

墓を建てる時期
・生前に建てるのは良いこととされる
・生存中に建てる場合、墓石の名前は朱墨にする
・埋葬時に朱が消される