雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 儀式・行事事典>

儀式・行事事典

開眼供養
開眼供養とは
・墓を建てた時に行う儀式
・開眼式、魂入れとも言われる
・他界後に墓を建てる場合には一周忌を目安にし、法要時に行われる
・お盆、お彼岸、命日に行っても良い

準備するもの
・花立て、線香立て、燭台、供え物、参列者への引出物、関係者へのお礼
・僧侶へのお礼は、白封筒か奉書紙に入れ、表書きは「御布施」「開眼供養料」
・参列者は「御仏前」「御供養料」を持参する
・本来は、「御仏前」と「御供養料」を包むが、今は「御仏前」だけの場合が多い
・生前にお墓を建てた場合には、祝儀袋で表書きは「御開眼御祝」

建て直し時には
・墓を建て直す場合には「魂ぬき」の供養を行う
・読経の後に、お骨を取り出し、寺に預ける
・新しい墓が完成後に「開眼供養」を行い、お骨を納める
・僧侶へ「開眼供養料」を渡す
・参列者は「御開眼御祝」を渡す