雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 儀式・行事事典>

儀式・行事事典

忌中・喪中
忌中・喪中とは
・忌中は、他界後、四十九日の忌明けまで
・喪中は、一周忌まで
・遺族が喪に服して謹慎することを忌服・服喪という

服喪期間
・服喪期間は1年だが、事柄によって服喪の長さが異なる
・中元・歳暮は四十九日か百ヶ日まで避ける
・年賀状は喪中は省く

服喪期間の目安
続 柄期 間
配偶者10日間
父母7日間
5日間
祖父母3日間
兄弟姉妹3日間
1日間
おじ・おば1日間
配偶者の父母3日間
配偶者の兄弟姉妹1日間

控えるもの
・忌中
  結婚式、パーティ、中元・歳暮の贈答
・喪中
  年賀状、鏡餅、しめ縄、門松、おせち料理、年始回り、神社参拝
・世帯が別の場合、喪中でも正月を祝うこともある

慶事と重なったら
・忌中の人は結婚式に招待しない
・忌中後は結婚式に招待する場合もある
  例
   親しい間柄なので呼びたい
   気持ちの整理がついていると思える
   喪中だが、年を越えている
   故人とは別世帯で暮らしていた
・招待状を出す前に電話で確認する

年賀欠礼
・喪中の人は年賀欠礼の挨拶状を出す
・いつ、誰が他界したのかを簡潔に書く
・11月末から12月初めに到着するように送る
・喪中と知らずに出してしまった場合には詫びと故人への悔やみを書く
・年賀欠礼は故人が配偶者の縁者の場合には、仕事関係者には送らない

 年賀欠礼の挨拶状
 謹啓 本年も残すところわずかとなりました。 ご家族の皆様にはお元気にお過ごしのここと存じます。
 さて、私どもでは、○月に○○が急逝して喪に服しておりますので、 年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます。
 寒さ厳しき折柄、一層のご自愛のほどお祈り申し上げます。 敬具

 喪中の人に年賀状を出した際の詫び状
 御服喪中とは存じませず、年賀状を差し上げて、誠に失礼いたしました。 謹んで亡き○○様のご冥福をお祈り申し上げます。
 ご一同様におかれましては、さぞお寂しいことと存じますが、 お力落しのないよう、お祈り申し上げます。
 厳寒の日々、何卒ご自愛下さいますようお祈り申しております。