雑学研究

ホーム> 研究室> 健康・医学>

入院マニュアル

持参品編
必要品
・印鑑、保険証
・住所録
・筆記用具、メモ帳
・小銭(自販機用)
・目覚まし時計(検温、食事時に)

退屈防止グッズ
・液晶テレビ
・ラジカセ、ヘッドホンステレオ
・本
・一人でできるゲーム
・ノートパソコン

あると便利な実用品
・履物(サンダル、スリッパ)
・小さなリュック、ウェストポーチ(病院内を歩く時に貴重品を入れる)
・収納ボックス(本やカセットを入れる)
・ティッシュボックス
・ウェットティッシュ
・小さなタオル
・耳栓、アイマスク
・ハンガー
・ほこり取りの道具
・レターセット
・食器用洗剤、スポンジ

食事編
・ふりかけ、梅干、お茶、即席味噌汁
・箸、スプーン、フォーク、湯のみ茶碗(ふた付き)
・ポット(乾燥しているので水分補給に)
・クーラーボックス(冷蔵庫がない場合)
・使い捨てのコップ、皿、割り箸、ラップ、タッパー
※ 治療食(糖尿病、高血圧など)の場合には従う
※ 病院によっては、飲食物の持ち込みを禁止している
衣類編
・着替えは多めに
・前開きのパジャマ
  ポケット付きが便利
  袖にゴムが入っていないものが点滴時に便利
・タオルケット(夜間に冷暖房が切れた時の調節用)
・バスタオル(床ずれ防止用)
お見舞のルール
・面会時間内に行く
・病室では静かに(特に同室者がいる場合)
・大勢でおしかけない
  代表して2〜3人で訪問し、短めに切り上げる
  寄せ書きなどを持って行くのも・・
・お見舞品は花、退屈しのぎの雑誌が一般的
・実用品も喜ばれる