雑学研究

ホーム> 研究室> 各種資料>

表 札

表札の意義
表札は、家庭の内情や住人の性格を表すとされます。 それは自分の存在を内的にも外的にも認識させる唯一の公的な表示で、 各家に掲げられている表札から、各自の個性や運命を知ることができるものだと言えます。

吉 凶

 基 本

 厚薄:金運、家運を意味する
 :住所・職業・名誉などの融通集散、運勢の強弱
 長短:子孫の有無、身体の強弱、寿命の長短
 字体:体質と調和したものが吉
   筋肉質:太字の行書体
   肥満:細い楷書体
   痩せた人:草書体
 大小:丁度良いものが吉
   大きすぎ:僭越、高慢
   小さすぎ:卑屈、窮乏
 最良の材質:ひのき=外に温柔和敬、内に質実剛健

 凶 相

 金属製:人情味に欠ける謀略家で、名実が伴わない
 名 刺:世間から軽視され、永住できない
 大理石:冷酷・高慢で、竜頭蛇尾の人
 陶 器:想像力や気力が乏しく、繁栄が持続しない
 朽 木:奇人・変人で、社会と相容れない
 象 牙:子供の廃疾、不肖
 彫 刻:一芸に秀でるが、孤独の生活
 竹 製:偏屈、虚弱、変質的
 漆・ニスの塗装:精神病になる恐れがある
 表打ち:凶