雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化>

弔事の心得

弔事の心得
・弔事は他の行事や予定よりも優先する
・早くから決まっていた慶事と重なった場合も、弔事を優先する
弔事の流れ
・葬儀は、一般的に通夜の翌日
・葬儀と告別式は、別の日取りにするものだが、同一日に行う場合が多い
弔問
・臨終の知らせを受けてもすぐに駆けつけない
・服装は平服で、派手なものは避け、アクセサリーを外す
故人との対面
・故人との対面を勧められた場合、「お別れをさせていただきます」「拝顔させていただきます」と挨拶をする
・白布は遺族が取ってくれるのを待ち、自分では取らない
・白布が取られた故人に対して一礼し、対面が済んだら深く一礼して合掌し、遺族に一礼して下がる
・故人に挨拶を済ませてからお悔やみを述べる
・「このたびは、まことにご愁傷さまでございます」と頭を下げる
・病気の経過を尋ねたり、未練がましいことを言わず、儀礼的に済ませる
通夜の弔辞
・服装は平服で構わない
・遺族から話しかけられなければ、遺族に対して余計な発言は慎む
・通夜のもてなしは受ける
・通夜では大声を出さず、仕事の話題もしない
・長居をしないようにするが、席が寂しい時には多少居残る
・買い物や食事の手配などの手伝いを申し出ても良い
葬儀・告別式の参列
・葬儀は、遺族・親族など親しい人が集まって故人の生前をしのぶもので、一般の人は出席を見合わせる
・告別式は、葬儀を終えた遺族が一般参列者の弔意を受ける儀式
・通夜に行けば、告別式を遠慮できる
・服装は、正式には喪服を着用する
・略式では、黒か濃紺のスーツ、黒のネクタイ、靴下、靴
・弔辞を読む人は、喪服に白手袋を着用する
・告別式に出席したら、出棺まで見送るのが礼儀
・葬儀・告別式から帰宅したら、「浄めの塩」を肩からかける
弔電
・告別式に参加するつもりでも、訃報を受けたら極力早めに打つ
・弔電の文例はそのまま引用せず、故人の名前を加えたり、前後に文章を加えたりして、心をこめる
・故人がクリスチャンの場合には「ご愁傷さま」「お悔やみ」などの言葉は使わない