雑学研究

ホーム> 研究室> 健康・医学>

熱中症

熱中症とは?
基本
 熱中症とは、 暑熱多湿環境や運動などで体内に熱をこもらせた時に発症し、 生理的な失調状態から臓器の機能不全までの連続した病態をいう。 高温環境で幼児に起こるもの、暑熱環境での労働で起こるもの、 スポーツ活動中に起こるもの、熱波により高齢者に起こるものなどがある。
 なお、湿度が高くて汗が蒸発しにくい環境で起こるとされるが、 湿度が低くて発汗が起こらない環境でも起こる。 また、大量の熱を発生したり、脱水症状を起こせば、高温でなくとも起こる。

原因と症状
・熱痙攣
 大量発汗によって塩分濃度が低くなり、筋肉痙攣を起こす
・熱疲労
 大量発汗によって脱水症状になり、脱力感・倦怠感・めまい・頭痛などを起こす
・熱失神
 血管の拡張によって血圧が低下し、脳血流が減少して、めまい・失神などが起こる
・熱射病
 体内の熱が放散されず、脳温度が40度以上になり、意識障害や呼吸停止を起こす

対応
・日陰や風通しの良い涼しい場所で、衣服をゆるめて横にさせる
・顔色が青い時には足を頭よりも高くし、赤い時には上半身を高くさせる
・熱射病の時には首や脇などの動脈を冷やし、病院へ

予防
・体内に熱をこもらせない
・帽子をかぶり、通気性の良い服装にする
・暑い場所で長時間作業をしない
・水分や塩分を補給する