雑学研究

ホーム> 研究室> 健康・医学>

補助手技

叩打法点法振煽法揉法圧法

叩打法

 拍打

 部位:頭部、脇腹などの弱い部分
 仕方
  人差し指、中指、薬指を揃えて軽く叩く

 側掌打

 部位:凝りのある部位
 効果:筋肉の緩和
 仕方
  両手の側掌で、交互にリズミカルに打つ

 虚掌打

 効果:神経系統のバランスを調整
 仕方
  手を凹屈させて打つ

 合掌打

 部位:筋肉部
 効果:循環の促進、排泄作用
 仕方
  両手を合掌し、親指を除く四指を組み合わせる

 拳打

 部位:背骨の側線、足の裏
 効果:痛みの緩和、蘇生
 仕方
  親指を小指側に曲げ、げんこを作り、小指側で打つ
  打撃力の効果ではなく、気を散らすのが目的

点 法
 部位:背骨、腰
 効果:痛みをほぐす
 仕方
  ・上下点
    人差指と中指で、背骨の両側を上から下へ点く
  ・左右点
    人差指と中指と薬指で、腰の両側を点く

振煽法
 部位:手、足
 効果:筋肉の伸縮や鬱血を散らす
 仕方
   関節の屈曲に従って揺り動かす

揉 法
 指を使う場合
   ・単指:中指か親指の腹で、小部分を揉む
   ・両指:人差指と中指で、首を揉む
   ・三指:人差指、中指、薬指で、腹部や背腰部を揉む
 掌を使う場合
   ・全掌:掌全体で、胃腸を揉む
   ・側掌:側縁で、小腸などを揉む

圧 法

 指圧法

 部位:鼻、耳、額、前頭・後頭、歯床
 効果:痛みを緩和
 仕方
  中指、人差指、薬指で圧する

 掌圧法

 部位:頭、前胸、腹、腰腿、足など
 効果:痛みや充血を緩和
 仕方
  掌で圧する