雑学研究

ホーム> 研究室> 人文社会科学>

小倉百人一首

百人一首は奈良・平安・鎌倉の歌人百人の歌で『古今集』から『続後撰集』の勅撰集に収められています。 後世、様々な百人一首が作られ、それらと区別する意味で、藤原定家の百人一首を「小倉百人一首」と呼ぶようになりました。 小倉の名は、定家が想を練った京都嵯峨野の別荘、小倉山荘に由来します。

 解釈: 1〜2021〜4041〜6061〜8081〜100

  • 秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ
  • 春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山
  • あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む
  • 田子の浦に うち出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ
  • 奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の 声きくときぞ 秋はかなしき
  • かささぎの 渡せる橋に 置く霜の 白きを見れば 夜ぞふけにける
  • 天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも
  • わが庵は 都のたつみ しかぞ住む 世をうぢ山と ひとはいふなり
  • 花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに
  • これやこの 行くも帰るも 別れては しるもしらぬも 逢坂の関
  • わたの原 八十島かけて こぎ出でぬと 人には告げよ 海人のつり舟
  • 天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ
  • 筑波嶺の みねより落つる みなの川 恋ぞつもりて 淵となりぬる
  • みちのくの しのぶもぢづり たれ故に 乱れそめにし われならなくに
  • 君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ
  • たち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば いま帰り来む
  • ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれないに 水くくるとは
  • 住の江の 岸に寄る波 よるさへや 夢の通ひ路 人目よくらむ
  • 難波潟 みじかき芦の ふしの間も 逢はでこの世を すぐしてよとや
  • わびぬれば 今はたおなじ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ
  • いま来むと 言ひしばかりに 長月の 有明の月を 待ちいでつるかな
  • 吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を 嵐といふらむ
  • 月見れば ちぢに物こそ かなしけれ わが身一つの 秋にはあらねど
  • このたびは 幣もとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに
  • 名にし負はば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな
  • 小倉山 峰のもみぢ葉 こころあらば 今ひとたびの みゆき待たなむ
  • みかの原 わきて流るる いづみ川 いつみきとてか 恋しかるらむ
  • 山里は 冬ぞきびしさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば
  • 心あてに 折らばや折らむ 初霜の 置きまどはせる 白菊の花
  • 有明の つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし
  • 朝ぼらけ 有明の月と みるまでに 吉野の里に ふれる白雪
  • 山川に 風のかけたる しらがみは 流れもあへぬ 紅葉なりけり
  • 久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ
  • たれをかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに
  • 人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける
  • 夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿らむ
  • しらつゆに 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける
  • わすらるる 身をば思はず 誓ひてし 人のいのちの 惜しくあるかな
  • 浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど あまりてなどか 人の恋しき
  • 忍ぶれど 色にいでにけり わが恋は ものや思ふと 人の問ふまで
  • 恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 人しれずこそ 思ひそめしか
  • 契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 浪越さじとは
  • あひみての のちの心に くらぶれば 昔は物を 思はざりけり
  • 逢ふとこの 絶えてしなくは なかなかに 人をも身をも 恨みざらまし
  • あはれとも いふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな
  • 由良の門を 渡る舟人 かぢを絶え 行方も知らぬ 恋のみちかな
  • 八重むぐら しげれる宿の さびしきに 人こそ見えぬ 秋は来にけり
  • 風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ くだけてものを 思ふころかな
  • みかきもり 衛士のたく火の 夜はもえ 昼は消えるる ものこそ思へ
  • 君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな
  • かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを
  • 明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな
  • なげきつつ ひとりぬる夜の 明くるまは いかに久しき ものとかは知る
  • わすれじの 行末までは かたければ 今日をかぎりの 命ともがな
  • 滝の音は たえて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ
  • あらざらむ この世のほかの 思ひ出に いまひとたびの 逢ふこともがな
  • めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな
  • 有馬山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする
  • やすらはで 寝なましものを 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな
  • 大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立
  • いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな
  • 夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ
  • 今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで いふよしもがな
  • 朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々の網代木
  • 恨みわび ほさぬ袖だに あるものを 恋にくちなむ 名こそ惜しけれ
  • もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし
  • 春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ
  • 心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな
  • 嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり
  • さびしさに 宿を立ち出でて ながむれば いづくも同じ 秋の夕暮れ
  • 夕されば 門田の稲葉 おとづれて 盧のまろ屋に 秋風ぞ吹く
  • 音に聞く 高師の浜の あだ波は かけじや袖の 濡れもこそすれ
  • 高砂の 尾上の桜 咲きにけり 外山の霞 立たずもあらなむ
  • 憂かりける 人をはつせの 山おろし はげしかれとは 祈らぬものを
  • 契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり
  • わたの原 漕ぎ出でて見れば ひさかたの 雲居にまがふ 沖つ白波
  • 瀬をはやみ 岩にせかかる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ
  • 淡路島 かよふ千鳥の なく声に 幾夜寝ざめぬ 須磨の関守
  • 秋風に たなびく雲の 絶えまより もれ出づる月の 影のさやけさ
  • 長からむ 心も知らず 黒髪の みだれて今朝は ものをこそ思へ
  • ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の 月ぞ残れる
  • 思ひわび さても命は あるものを 憂きにたへぬは 涙なりけり
  • 世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる
  • ながらへば またこのごろや しのばれむ 憂しと見し世ぞ いまは恋しき
  • 夜もすがら もの思ふころは 明けやらで 闇のひまさへ つれなかりけり
  • なげけとて 月やはものを 思はする かこち顔なる わが涙かな
  • むらさめの 露もまだひぬ まきの葉に 霧たちのぼる 秋の夕ぐれ
  • 難波江の 芦のかりねの ひとよゆえ みをつくしてや 恋ひわたるべき
  • 玉の緒よ 絶えなば絶えぬ ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする
  • 見せばやな 雄島のあまの 袖だにも 濡れにぞ濡れし 色はかはらず
  • きりぎりす なくや霜夜の さむしろに 衣かたしき 独りかも寝む
  • わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らぬ 乾くまもなし
  • 世の中は 常にもがもな 渚こぐ あまの小舟の 綱手かなしも
  • み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて ふるさと寒く 衣うつなり
  • おほけなく 憂き世の民に おほふかな わが立つ杣に すみぞめの袖
  • 花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり
  • 来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ
  • 風そよぐ ならの小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける
  • 人もをし 人もうらめし あぢきなく 世を思ふゆえに 物思ふ身は
  • ももしきや 古き軒端の しのぶにも なほあまりある 昔なりけり