雑学研究

ホーム> 研究室> 人文社会科学> 小倉百人一首>

小倉百人一首

81 〜 100
  • ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の 月ぞ残れる(後徳大寺左大臣)
     ホトトギスが鳴いた方角の空をじっと見つめると、もう姿はなく、ただ有明の月が沈みもせずに残っていることだ

  • 思ひわび さても命は あるものを 憂きにたへぬは 涙なりけり(道因法師)
     つれない人を思って悩み哀しんでも、それでも死にもせず命はあるというのに、涙ばかりはその辛さに耐えられずにとめどなくこぼれ落ちることです

  • 世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる(皇太后宮大夫俊成)
     辛いこの世の中というものは、逃れる道などないものなのですね。世を背こうと思って分け入った山の奥にも(辛いことがあるのか)鹿が鳴いているようだ

  • ながらへば またこのごろや しのばれむ 憂しと見し世ぞ いまは恋しき(藤原清輔朝臣)
     このまま生きて長らえば、辛い現在も後には懐かしく思い出されるのだろうか。あれほど苦しかった昔が今では恋しく思われるのだから

  • 夜もすがら もの思ふころは 明けやらで 闇のひまさへ つれなかりけり(俊恵法師)
     一晩中恋の物思いに悩むこの頃は恋人だけでなく、いつまでも夜の明けない寝室の戸の隙間までがつれなく感じられます

  • なげけとて 月やはものを 思はする かこち顔なる わが涙かな(西行法師)
     嘆けと言って月は私に物思いをさせるのだろうか。そうではなく、本当は恋のためなのだが、まるで月のせいだというように恨めしそうな様子でこぼれる私の涙よ

  • むらさめの 露もまだひぬ まきの葉に 霧たちのぼる 秋の夕ぐれ(寂蓮法師)
     ひとしきり降った雨が上がり、その露もまだ乾かないでいる槙の葉あたりに谷の方からほの白い霧が立ち上ってくる。物寂しい秋の夕暮れであることだ

  • 難波江の 芦のかりねの ひとよゆえ みをつくしてや 恋ひわたるべき(皇嘉門院別当)
     難波江の葦の切り株の一節のような旅先の宿でのほんの一夜のかりそめの契りのために、我が身を尽くして恋い続けなければならないのでしょうか

  • 玉の緒よ 絶えなば絶えぬ ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする(式子内親王)
     私の命よ絶えるものならいっそ絶えてしまって欲しい。このまま生き長らえていると、この秘めた恋心をこらえる気力が弱まってしまうといけないから

  • 見せばやな 雄島のあまの 袖だにも 濡れにぞ濡れし 色はかはらず(殷富門院大輔)
     あなたにお見せしたいものです。松島の雄島の漁師の袖でさえ、濡れても濡れても色は変わらぬというのに、あなたを想い涙で濡らしたこの袖は、こんなにも色が変わってしまいました

  • きりぎりす なくや霜夜の さむしろに 衣かたしき 独りかも寝む(後京極摂政前太政大臣)
     こおろぎが鳴く、この霜の降る寒い夜、閨(ねや)のむしろの上に衣の肩袖を敷いて、私は1人寂しく寝るのであろうか

  • わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らぬ 乾くまもなし(二条院讃岐)
     私の袖は引き潮にも見えない沖の石のように、あの人は知らないことでしょうが、涙に濡れて乾く間もありません

  • 世の中は 常にもがもな 渚こぐ あまの小舟の 綱手かなしも(鎌倉右大臣)
     この世の中がいつまでも変わらないで欲しいものだなあ。渚を漕いで行く漁師の小舟が綱手をひかれるさまは何ともいとおしいものだ

  • み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて ふるさと寒く 衣うつなり(参議雅経)
     夜のふけるにつれ、吉野の山から吹き下ろす秋風は寒い。古い都であった吉野の里は寒さが身にしみて、砧で衣を打つおとが寒々と聞こえてくる

  • おほけなく 憂き世の民に おほふかな わが立つ杣に すみぞめの袖(前大僧正慈円)
     我が身に不相応ではあるが、俗世の人々のために仏のご加護を祈念することであるよ。この比叡山で、御法をいただいて住んでいる私は

  • 花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり(入道前太政大臣)
     花を誘って散らす山嵐が吹き下ろす庭には、雪のように桜の花が降るけれど、古りゆくものは花ではなくて、我が身であるのだよ

  • 来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ(権中納言定家)
     いくら待っても来ない恋人を待って、松帆の浦の夕凪に焼く藻塩草のように、私は身も心も恋焦がれています

  • 風そよぐ ならの小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける(従二位家隆)
     風に楢の葉がそよいでいる楢の小川の夕暮れは、とても涼しく秋のような感じだが、川のほとりで禊が行われているのが、まだわずかに夏であることの印だよ

  • 人もをし 人もうらめし あぢきなく 世を思ふゆえに 物思ふ身は(後鳥羽院)
     人がいとおしくもあり、人が恨めしいとも思われる。つまらないことにこの世をあれこれと思うがゆえに思い悩むこの身には

  • ももしきや 古き軒端の しのぶにも なほあまりある 昔なりけり(順徳院)
     宮中の古い建物の軒端に生えている忍草を見るにつけ、いくら偲んでも偲びきれないほど慕わしい昔の御代であることよ

  • 1〜2021〜4041〜6061〜8081〜100