雑学研究

ホーム> 研究室> 健康・医学>

応急処置

常備品
・伸縮包帯、救急ばんそうこう
・殺菌消毒薬、脱脂綿、滅菌ガーゼ
・目薬
・爪きり、とげ抜き、はさみ
・スポーツドリンク(日射病・熱射病時の水分補給)
・胃薬、風邪薬、鎮痛剤、下痢止めなどの服用薬
怪我の手当て
ヤケド
・どんな火傷でも、まず患部を流水で充分に冷やす
・衣服を無理にはがさず、上から水をかける
・軽い火傷は患部を冷やした後、清潔なガーゼをあてる
 (何も付けずに清潔にするのが一番)
・水脹れが出来た時は、最低15分冷やした後、つぶさずに病院へ

切り傷
・傷の上に直接清潔なガーゼか布を当てて、その上から手で押さえて圧迫する
・患部を心臓よりも高く上げる
・出血が止まったら、包帯で縛る
 傷よりも先の方で脈をみて、脈拍を感じなければ緩める

怪我の応急処置RICE
REST(安静にする)
 局部の安静を保つためにテーピングや三角巾で固定する

ICE(冷やす)
 氷、コールドパック、コールドスプレーで冷やす
 凍傷を起こさない程度に

COMPRESSION(圧迫する)
 伸縮包帯などで圧迫を加え、出血を防止する
 強く締め過ぎないように注意する

ELEVATION(高く上げる)
 患部を上げ、静脈の流れを良くする
 上肢なら三角巾で吊り、足なら少し高くする

怪我をした時の3禁則
・アルコールを飲まない
・入浴しない
・温湿布をしない
人が倒れていたら・・
吐き気・嘔吐がある場合
・顔面と体を横にして、あごを前方に出し、上側の手足を曲げた状態に保ち、気道を確保する

意識がない場合
・首を伸展後屈させ、両手であごを顔面前方に引き上げ、気道を確保する
・呼吸がない、または弱い場合には人工呼吸をする
・救助者が一人の場合、心マッサージ15回と人工呼吸2回を反復
・救助者が二人の場合、心マッサージ5回に対して人工呼吸1回の割合で行う