雑学研究

ホーム> 研究室> 健康・医学>

温泉

温泉とは
定義
・温泉とは、温泉法(1948年制定)によれば、
 地中から湧出する温水、鉱水、水蒸気、その他のガスで
  (炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)、
 以下の成分のいずれかを含むか、25度以上のもの
・温泉の中で、特に治療効果が期待できるものを療養泉と呼ぶ

温泉の条件  (1kg中)
物質名含有量
溶存物質総量1,000r以上
総硫黄1r以上
重炭酸ソーダ340r以上
臭素イオン5r以上
水素イオン1r以上
ストロンチウムイオン10 r以上
第一マンガンイオン10r以上
バリウムイオン5r以上
フェロ・フェリイオン10r以上
ヒドロひ酸イオン1.3r以上
フッ素イオン2r以上
メタ亜ひ酸1r以上
メタけい酸50r以上
メタほう酸5r以上
遊離炭酸250r以上
沃素イオン1r以上
ラジウム塩1r×10-8mg以上
ラドン20×10-10キュリー以上
リチウムイオン1r以上
療養泉の条件  (1kg中)
物質名含有量
溶存物質総量1,000r以上
重炭酸ソーダ1,000r以上
銅イオン1r以上
総鉄イオン20r以上
アルミニウムイオン100r以上
水素イオン1r以上
総硫黄2r以上
ラドン30×10-10キュリー以上


分類方法
・成分の他、温度、PH濃度、含有成分の濃度よっても分類される
温度 水素イオン濃度(PH) 含有成分濃度
冷鉱泉25度未満 酸性泉PH3未満 低張泉8g/Kg未満
低温泉25〜34度 弱酸性泉PH3〜6 等張泉8〜10g/Kg
温 泉34〜42度 中性泉PH6〜7.5 高張泉10g/Kg以上
高温泉42度以上 弱アルカリ泉PH7.5〜8.5
アルカリ性泉PH8.5以上


泉質一覧
泉 質特 徴 ・ 効 能 ・ 温泉地
単純温泉 泉温が25℃以上、温泉水1s中に含有成分が1000mg未満、PH8.5以上のもの。肌への刺激が少なく、皮膚が敏感な人や高齢者も安心して利用できる。
神経痛、運動器障害、リウマチ、筋肉痛、関節痛、冷え性、腰痛、うちみ、慢性消化器病、慢性皮膚病、虚運動麻痺、痔疾、病後・疲労回復、健康増進、婦人病など。
板室温泉(栃木)、鹿教湯温泉(長野)、野沢温泉(長野)、上高地温泉(長野)、下呂温泉(岐阜)、道後温泉(愛媛)、湯村温泉(兵庫)、神鍋温泉(兵庫)、俵山温泉(山口)、湯布院温泉(大分)など。
二酸化炭素泉 温泉水1s中に遊離炭酸1000mg以上を含むもの。入湯すると全身に炭酸の気泡が付着する。炭酸ガスが毛細血管を拡張し、脈拍を上げずに血液循環を促進する。飲用すると炭酸の清涼感がある。別名、泡の湯。
高血圧、慢性消化器疾患、動脈硬化症など。
黄金温泉(山形)、下島温泉(岐阜)、長湯温泉(大分)、金桁温泉(熊本)など。
炭酸水素塩泉 温泉水1s中に含有成分が1000mg以上あり、陰イオンの主成分が炭酸水素イオンのもの。アルカリ性の湯が皮膚の角質を軟化させて、肌をなめらかにする。別名、美人の湯。
慢性胃腸病、糖尿病、肝臓、慢性皮膚病、リウマチ、切傷、やけど、痛風など。
東鳴子温泉(宮城)、五色温泉(福島)、土湯温泉(福島)、小谷温泉(長野)、加古川温泉(兵庫)、川湯温泉(和歌山)、嬉野温泉(佐賀)など。
塩化物泉 温泉水1s中に含有成分が1000mg以上あり、陰イオンの主成分が塩素イオンのもの。塩分が汗の蒸発を防ぐので保温効果が高く、湯冷めしにくい。飲用すると塩辛い。別名、熱の湯。
神経痛、リウマチ、腰痛、うちみ、胃腸、胃酸過多、慢性皮膚病、慢性婦人病など。
秋保温泉(宮城)、四万温泉(群馬)、つま恋温泉(群馬)、熱海温泉(静岡)、片山津温泉(石川)、和倉温泉(石川)、山代温泉(石川)、城崎温泉(兵庫)、宝塚温泉(兵庫)等。
硫酸塩泉 温泉水1s中に含有成分が1000mg以上あり、陰イオンの主成分が硫酸イオンのもの。陽イオンの主成分には、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムがあり、順に「芒硝泉」「石膏泉」「正苦味泉」と呼び分けられる。傷に効果がある。別名、傷の湯。
外傷、痛風、動脈硬化、肥満症、肝臓病、慢性便秘、慢性皮膚病、慢性婦人病、切傷、やけど、慢性胆嚢炎、胆石症、糖尿症など。
浅虫(青森)、川尻温泉(岩手)、伊香保温泉(群馬)、法師温泉(群馬)、天城湯ヶ島温泉(静岡)、赤倉温泉(新潟)、尖石温泉(長野)、渋川温泉(長野)、上野原温泉(長野)など。
含鉄泉 温泉水1s中に総鉄イオン(フェロイオン・フェリイオン)を10r以上含有するもの。鉄の含有量が10r未満の場合には、炭酸水素塩泉や硫酸塩泉等に分類される。炭酸イオンと結合して重炭酸第1鉄になるものを「炭酸鉄泉」、硫酸イオンと結合して硫酸鉄になるものを「緑ばん泉」と呼ぶ。 温泉が湧出して空気に触れると、次第に鉄の酸化が進み赤褐色や茶褐色になる。
貧血、更年期障害、リウマチ、婦人病、月経障害など。
六ヶ所温泉(青森)、小赤沢温泉(長野)、上河内温泉(福井)、塩ノ沢温泉(群馬)、有馬温泉(兵庫)など。
含アルミニウム泉 温泉水1s中に含有成分が1000mg以上あり、陰イオンとして硫酸イオン、陽イオンとしてアルミニウムを主成分とするもの。
慢性皮膚病、慢性消化器病、眼病、リウマチ、不眠など。
小牧奥入温泉(青森)、万座温泉(群馬)、小滝鉱泉(栃木県)、寺山鉱泉(栃木県)など。
硫黄泉 温泉水1s中に総硫黄1r以上含有するもの。空気に触れると黄白色の硫黄の沈殿ができる。ゆで卵の腐敗臭に臭いがある。刺激が強いので湯あたりに注意が必要。
金属・薬物中毒症、慢性関節疾患、便秘、糖尿病、慢性皮膚病、慢性婦人病、慢性気管支炎、切傷、高血圧、動脈硬化など。
登別温泉(北海道)、乳頭温泉(秋田)、酸ヶ湯温泉(青森)、花巻温泉(岩手)、日光湯元温泉(栃木)、箱根小涌谷温泉(神奈川)、黒川温泉(熊本)など。
酸性泉 温泉水1kg中に水素イオン1mg以上含有しているもの。ほとんどが遊離の硫酸や塩酸で含まれ、強い酸性。刺激が強いので皮膚が過敏な人は避ける。入浴後は真水で流す。殺菌力が強い。
神経痛、性病、水虫、慢性皮膚病、慢性消化器病など。
ニセコ湯本温泉(北海道)、恐山温泉(青森)、須川温泉(岩手)、玉川温泉(秋田)、草津温泉(群馬)、毒沢温泉(長野)、蓼科温泉(長野)、白鳥湯温泉(宮崎)など。
放射能泉 温泉水1s中にラドンを百億分の20キュリー以上、またはラジウムを1億分の10mg以上含有しているもの。循環器障害に効果がある。別名、痛風の湯。
自律神経症、リウマチ、神経痛、痛風、高血圧症、動脈硬化症、慢性胆嚢炎、慢性皮膚病、胆石症、慢性婦人病、慢性消化器病、筋肉痛、関節炎など。
二股温泉(北海道)、増富温泉(山梨)、栃尾又温泉(新潟)、三朝温泉(鳥取)、三丘温泉(山口)、柿下温泉(福岡)など。
同じ温泉郷でも泉質が異なる場合があります


湯治方法
・湯治の基本は2〜3週間であり、最低でも2・3泊するのが理想
・次の場合には避ける
  急性疾患、結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、
  高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(とくに初期と末期)
・自分にあった場所を選ぶ
・肌が敏感な人は硫黄泉や酸性泉を避けるのが無難
・温泉漬けにならず、日光や空気に触れる
・温泉の入り方の注意書きがあれば必ず見る
・入浴は、かけ湯、半身浴、全身浴(寝湯)の順で行う
・泉質にもよるが、シャワーで温泉の成分を流さないようにする
・入浴後は水分を補給する

効能
・温泉の一般適応症として
  神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、腰痛、運動麻痺、慢性消化器疾患、
  痔疾、冷え性、病後回復、疲労回復・ストレス解消、健康維持・増進がある
・泉質と症状によっては、飲泉(温泉水を飲む)を試しても良い
・同じ泉質に分類される温泉でも、それぞれ成分が異なる

効能一覧     ○:浴用 ☆:浴用・飲用






 泉 質

一般適応症 アトピ| 切り傷 火傷 慢性皮膚疾患 虚弱児童 慢性婦人疾患 月経障害 貧血症 慢性消化器疾患 慢性便秘症 慢性胆嚢炎
・胆石
慢性肝疾患 動脈硬化症
・高血圧
肥満 糖尿病
・高血糖
痛風
・高尿酸血症
単純温泉     
二酸化炭素泉           
炭酸水素塩泉         
塩化物泉      
硫酸塩泉     
含鉄泉            
含アルミニウム泉              
硫黄泉        
酸性泉         
放射能泉        

宿探しのリンク集
サイト特徴
宿ぷらざ
日本旅行の目的別のホテル空室検索サイト。こだわり検索が可能。
楽天トラベル
国内だけでなく、海外旅行やゴルフ場の予約もできる楽天の旅行サイト。
トクートラベル
最大96%OFFの宿、飛行機や車の予約も可能なサイト。宿泊者の感想も参考に。
一休
平均30%〜最大60%OFFの高級ホテル・旅館の格安予約サイト。