雑学研究

ホーム> 研究室> 各種資料>

犬・猫の病気

ワクチンとは
 ワクチンは接種することで抵抗力をつけ、感染しても発症しないように、あるいは軽症で澄むようにさせる。
 子犬や子猫は初乳を通じて母親のもつ免疫を譲り受ける(移行抗体)が、次第に効果がなくなり、しばらく危険な時期を迎える。 しかし、まだ免疫が残っている間にワクチンを接種しても効果が不十分で、初回接種の後に追加接種を行う。
ワクチンで予防できる犬の病気
ジステンバー
 感染しやすく、死亡率が高い病気。発症の多くは子犬の時期。空気感染と病犬から直接うつる場合がある。
 感染すると熱が出て、食欲がなくなり、膿性の鼻汁、目やにという初期症状が現われ、やがて呼吸器系、消化器系に広がり、激しいせき、下痢、脱水、てんかん様発作、後躯麻痺などの神経症状が現われ、衰弱死する。

アデノウイルス1型(犬伝染肝炎)
アデノウイルス2型感染症

 1型に感染すると、発熱、嘔吐、下痢、扁桃腺のはれ、目(角膜)が白濁などの症状が現われる。感染して一晩で突然死する場合もある。
 2型に感染すると、肺炎や扁桃腺炎などの症状が現われる。 2型のワクチンで1型も予防できるため、2型のワクチンが主に用いられている。

犬パラインフルエンザ
 感染しやすく、空気感染と病犬から直接うつる場合がある。 単独で感染するよりも、アデノウイルス、ボルデテラ、マイコプラズマなどとの複合感染が多く、 ケンネルコフと呼ばれる呼吸器系の疾患を起こす場合が多い。
 感染すると、気管支炎や肺炎を起こし、激しい咳をする。

パルボウイルス感染症
 1979年にアメリカで発見された急性伝染病。ほこりに混ざって長期間生存する抵抗性の強いウイルス。 子犬の場合は死亡率が高い。
 免疫がない子犬が突然死する心筋型と、激しい下痢や嘔吐を起こす腸炎型がある。

レプトスピラ症
 他の動物や人間にも感染する伝染病。 病原菌は細長い螺旋状の細菌スピロヘータで、病犬の尿と接触すると感染する。 ネズミの尿も感染源になる。
 黄疸出血型とカニコーラ型があり、黄疸出血型は黄疸、下痢、歯茎からの出血、血便などの症状が現われ、 カニコーラ型は嘔吐や下痢による脱水症状、体温の低下などが現われ、手当てが遅れると尿毒症で死亡する。

犬コロナウイルス病
 伝染病で、1〜2日の潜伏期の後で嘔吐と水様性下痢を引き起こす。
 軽い腸炎の後に回復する場合が多い。便や尿に放出され、経口感染する。

ワクチンで予防できる猫の病気
猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)
 感染力が強いパルボウイルスが原因で、体力が弱い子猫は一日で死ぬこともある。 感染猫との接触の他、便、尿、嘔吐物で汚染されたもの、外部寄生虫によっても感染する。
 感染すると、食欲がなくなり、水を飲まなくなる。 白血球が減少し、発熱、嘔吐、また、血便や下痢で脱水症状を起こす場合もある。

猫カリシウイルス感染症
 カリシウイルスが原因で、感染猫との接触、クシャミの飛沫、衣服などの間接的な媒介物が感染経路となる。
 感染すると、初期ではクシャミ、鼻水、咳、発熱、進行すると、舌や口の周囲に潰瘍ができる。 二次感染が起きると、肺炎を併発して死ぬこともある。

猫ウイルス性鼻気管炎
 ヘルペスウイルスが原因で、クシャミや分泌物から感染する。
 感染すると、元気がなくなり、食欲がなくなり、発熱、鼻水、クシャミ、目やになどの症状が現われる。 ただし、下痢による脱水症状で衰弱が進み、死ぬこともある。

クラミジア感染症
 感染経路は感染猫との接触。
 感染すると、粘着性の目やにをともなう慢性結膜炎、鼻水、クシャミ、咳などの症状が現われ、 時として気管炎、肺炎などを併発し、重症の場合には死ぬこともある。

猫白血病ウイルス感染症
 レトロウイルスの一種のオンコウイルスが原因。
 感染すると、白血病を引き起こしたり、免疫力が低下し、流産、腎臓病、リンパ腫の引き金になる病気。 特に生後間もない子猫が感染すると、発病しやすく、死亡率も高い。

ワクチンで予防できない猫の病気
猫免疫不全ウイルス感染症(FIV)
 猫エイズと呼ばれるが、人間のエイズとは別の病気で、猫のエイズウイルスが人間や他の動物に感染することはない。 猫同士の接触やケンカの咬み傷から感染する。
 感染して発症して免疫不全を起こして猫エイズとなり、発症していない猫は無症状キャリアとして区別されている。

猫伝染性腹膜炎(FIP)
 コロナウイルスが原因で感染力は強くない。
 初期症状では食欲の減退、発熱が現われ、重症になると腹水、胸水、黄疸が現われるなど他の臓器も侵される。