雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 栽培事典>

栽培事典

花壇
土作り
・日当たりと水はけが良い場所を選ぶ
・大きさと形を決めてから、30cmほどの深さまで掘り起こす
・雑草の根や石を取り除き、土塊を砕く
・堆肥、油粕、骨粉などを混ぜる
・土の酸性度が強い場合には苦土石灰を混ぜる
・1週間程度放置してなじませる

花壇の形状
・角型花壇
 一年草と球根を組み合わせる
 中央を高めに構成すると見栄えが良い
・境栽花壇
 片側からしか見ない花壇
 後方に高めの草花を植える
 同じ植物の場合、後方を盛り土して傾斜をつける
・円形花壇
 中央を高めに構成する

縁取り
・土の流出や根のはびこりを防ぐために周囲を縁取る
・レンガ、ブロック、丸太、フェンスなどを使う

球根の植え方
・深さと間隔は、球根の3倍が目安
・植える位置よりも10cmほど深めに掘る
・緩効性肥料を入れ、球根に適した深さまで土を入れる
・球根を入れ、土をかけ、水を与える

苗の植え方
・苗の根が埋まる深さの穴を掘る
・ビニールポットや鉢の根本を押さえ、逆にして出す
・穴に苗を入れ、土を寄せて植え、水を与える