雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 栽培事典>

栽培事典

種まき
準備
・発芽率が良いものを選ぶ
 (新しいもの、日に当たってないもの、湿ってないもの)
・水に入れて浮くものは発芽率が低い
・発芽直後の幼苗は病害虫に弱いので、通気性、保水性、排水性をよくする
・種まき用の容器の方が発芽率が高い
  育苗箱:底が網目になったプラスチック製の箱
  育苗トレー:一株ごとに苗を取り出せるビニール製の容器
  培土鉢:そのまま土に植えられる鉢

まき方
・種によって適した蒔き方がある
・用土を平らにすると均一の深さにまけ、発芽時期が同じになる
・バラまき
  小さい種を均等にまき、種が隠れる程度に土をかける
  上から軽く押さえると水で流れにくくなる
・筋まき
  中程度の種を筋をつけた土の上にまき、両側の土をかける
・点まき
  大きな種を土に穴をあけてまき、土をかける

種まき後
・発芽するまでは日陰で管理し、乾燥させない
・発芽したら、屋外に出して日光に当て、元気な芽を残して間引きする
・本葉が出てきたら移植する
・移植直後は、養分を十分に与える