雑学研究

ホーム> 研究室> 人文社会科学> 宗教学>

三大宗教


キリスト教仏教イスラム教
キリスト教
成立

1 背景――対立するユダヤ教
   サドカイ派:上級祭司・貴族、ヘレニズム化を支持する
   ファリサイ派:下級祭司、律法に忠実、形式主義
   エッセネ派:禁欲主義
   熱心党:ローマへの武装反乱を呼びかける過激派
2 イエス・キリスト
   ガリラヤのベツレヘムに誕生
   ユダヤ教の権威者との相違により、迫害される
   ローマ法による裁判によって十字架へ
   埋葬され、三日後に復活
3 パウロ(サウロ)
   裕福なユダヤ人家系の出身
   初期はキリスト教を迫害したが、復活したキリストを見て回心
   異邦人への伝道活動を開始、信仰義認説
   皇帝ネロによって処刑される

聖書学

1 へブル原典
 @律法(トーラー):紀元前444年に結集・成立
 A預言書(ネビーイーム):紀元前200年頃に公認
 B諸書(ケスービーム):紀元一世紀に確定
2 旧約聖書(39巻)
   紀元前90年のヤムニヤ・ラビ会議で公認
3 新約聖書(27巻)
   50〜150年間にわたって書かれた
   正典の決定は397年のカルタゴ会議
4 聖書解釈
 @超自然主義的解釈
  逐語霊感説:神的要素を強調=聖書に誤謬はない
 A自由主義的解釈
  自由主義神学:人的要素を強調=人間の手による作品
 B第三の立場
  内容は神的(福音)、形式は人的

神学

1 三位一体論
   父と子と精霊という三位格による相互連関
   正統派:三者は本質と働きを共有する
   従属説:キリストが神より劣る
   精霊異質論:精霊は神やキリストよりも劣る
   様態論:名は異なるが、単一の位格
2 キリスト論
   貧しいキリスト論(ユダヤ教が起源):キリストの人性を強調
   豊かなキリスト論(プラトン主義神学が起源):神性を強調

仏教
前史・背景

1 インダス文明(B.C.2500〜1000年)
 アーリア文化
  アーリア=高貴な
 @遊牧民→農耕(インダス川流域で)
 A宗教的民族
  バラモン=僧侶階級
2 ウパニシャッド(秘義)
   梵我一如
   梵=宇宙の究極原理 我=個体の究極原理

ブッダの生涯

1 出生
   北インドの小都城国カピラ
   父:シュッドダーナ(浄飯王)…釈迦族の族長
   母:マーヤー
   ゴータマ・シッダールタ
   ブッダ(Buddha)=悟りを開いた者(覚者)
2 出家
   老・病・死→この世ははかないもの
   聖者「苦しみも老いも死もない至福の境地を得るため」
3 二人の師
   アーラーダ・カーラーマラ
   「無所有処」(物にとらわれない心境)
   ウドラカ・ラーマプトラ
   「非想非々想処」(考え自体や、考えぬということにとらわれない境地)
4 苦行
   ヒンズー教
   輪廻:霊魂の転生
   業:輪廻転生を支配する法
   梵我一如=解脱:輪廻からの脱却
   6(7)年間の苦行(断穀行)→悟りを開けない
5 成道(abhisambodhi)=完全に悟ること
   無明(avidya)=我に対する無知と執着

教説

1 梵天の勧請
   思考の領域を越える縁起の法は理解しがたい
   →法を説くように梵天が説得
2 縁起(仏教教義の基調)
   四法印
 @一切皆苦=世の事象は有限であり、相対的である
 A諸行無常=花は散り、人は老い、必ず死ぬ
 B諸法無我=因縁生起により、永続すべき実体はない
 C涅槃寂静=我執を去れば、静かな境地が訪れる
  ※ @を抜かせば、三法印
3 四諦(真実)説――初転法輪
 @苦諦=存在は苦である
   四苦:生苦、老苦、病苦、死苦
   八苦:愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五蘊盛苦
 A集苦=苦の原因に関する真理:仮の姿を現じ、ものとして集合
   苦を招来する原因は渇愛(自己中心的な愛欲)であり、渇、無明
   (真理に対する無知)から来る
 B滅諦=苦を消滅させた悟りに関する真理
   「涅槃(nirvana)」
 C道諦=悟りに到る修行方法に関する真理
4 八正道:実践徳目――実践哲学
 @正見=正しい見解(反省)     →理性の鍛錬
 A正思惟=正しい思考(使命)
 B正語=正しい言葉(発言)
 C正業=正しい行為(道徳)     →意志の鍛錬
 D正命=正しい生(秩序)
 E正精進=正しい努力(精進)
 F正念=正しい思念(懺悔)     →情緒の鍛錬
 G正定=正しい禅定(瞑想)
  ※ 正しい=自他の成仏に沿う
5 六波羅密道説
 @布施波羅密=ものと心を人に施す;内
 A持戒波羅密=心と身体を清く保つ;外
 B忍辱波羅密=効果が見えなくとも忍耐する;内
 C精進波羅密=成仏に向かい常に励む;外
 D静慮波羅密=心身を安定させる;内
 E智慧波羅密=ものを正しく見る;外
6 教団
 サンガ=和合と戒律により保たれる同信の集合
 @四種サンガ
  出家・在家の男女の修行者
   =びく、びくに、うばそく、うばい
 A五種サンガ
  二年間の見習いの女性修行者を加えたもの
   =しきしゃまな(学法女)
 B七種サンガ
  見習いの男女僧を加えたもの
  =しやみ、しやみに
7 在家の五戒
   不殺生、不偸盗、不邪淫、不妄語、不飲酒
8 女性観
   女性:罪悪視や不浄視していない
   性関係を危険視→淫欲:毒蛇
9 仏の種類
 @釈迦如来:世界を正しく導く
 A文殊菩薩:知恵を授ける
 B普賢菩薩:仏の教化を助ける
 C阿弥陀如来:死後、西方浄土に迎え入れる
 D勢至菩薩:知恵の光りで悪から離れさせる
 E観世音菩薩:慈愛で民を救済する
 F薬師如来:病や災いを取り除く
 G月光菩薩:薬師如来の補助
 H日光菩薩:薬師如来の補助
 I大日如来:万物を照らす

イスラム教
語義
    「イスラーム」は、語根「slim」の第四型の動詞「アスラマ(帰依する)」に由来し、「(神への)帰依」を意味する。 「ムスリム」は、その能動分詞型で「(神)に帰依する者」を意味する。

ムハマンド(570−632)

1 生涯
   メッカを支配していたクライシュ部族の名門ハーシム一族の子
   孤児として育つ
   メッカ:遊牧から商業(貿易)へ
   妻ハディージャ:人格高潔、愛情深い
   天使ガブリエルの啓示(610年頃)
    神の恩寵に感謝するために、神に礼拝し、同胞に救いの手を差し伸べる
   メッカの無血征服(630年)
2 ウンマ=イスラム共同体
   政教一致の自由なる共同体

コーラン:読誦

1 成立と特色
 @人々が記憶した啓示を三代目カリフのウスマーン(644-56)の時に集録
 A114章から成立
 B各章の名は、主題ではなく、単なる名前
 C人間の文学的作為は排除→アラビア語からの翻訳を拒否
2 六信(イーマーン)
 @唯一最高神アラー 2章163、42章11、112章1−4
 A天使 35章1
 B天啓の書
  律法の書(モーセ)、詩篇(ダビデ)、福音書(イエス)、コーラン(ムハマンド)
 C預言者
 アダム、ノア、アブラハム、モーセ、イエス、ムハマンド
 D復活(来世) 37章94
 E審判(天命) 2章106
3 五行(イバーダート)
 @信仰告白(シャハーダ)
  「アッラーの他に神なく、ムハマンドは神の使徒」
 A祈祷(礼拝 サラート)一日5度 20章14節
 B喜捨(ザカート) 2章40、98章4
 C断食(サウム) 2章179
 D聖地巡礼(ハッジ) 3章91

シャリーア:イスラムの法

1 法源
 @コーラン
 Aスンナ(ハディース:預言者の言行録)
 Bイジュマー:共同体内の合意事項
 Cキヤース:@〜Bからの類推
2 学派
  ハナフィー派(トルコ、インド)、マーリキー派(北アフリカ)、
  シャーフィー派(東南アジア)、ハンバリー派(サウジアラビア)
3 流派
 スンニ派:スンナを信仰の基礎とする
 シーア派:4代目カリフ・アリの正統性を主張
  イスマイール派、ザイド派、12イマーム派

分派

1 アサシン派:シーア派より
   開祖:ハサン・イ・サバーフ(1034-1124)
   正当な殺人の承認
2 バハイ教:シーア派より
   開祖:バハオラ(1817-1892)
   聖戦の否定、真理の探究、平和主義、人類愛、
   教育普及、宗教と科学の調和、貧困の排除…