雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 防災事典>

地震発生時

家にいる時
身の安全を守る
・テーブルや机の下で身の安全を計りながら、次の行動を考える
・乳幼児、お年寄り、障害者、病人の安全を確保する

火の始末
・大揺れがおさまりかけたら、使用中の火を消す
・出火していたら、消化器、水などで初期消化に取り組む
・消火にしながら、近所に大声で火事を伝える

慌てて外にでない
・逃げ出したら火の始末ができない
・建物が倒壊しそうな場合は迅速に外に出る
・外に出る時には落下物に注意する

出口の確保
中高層住宅では玄関のドアを素早く開ける

ガラスの破片に注意
・やみくもに歩かず、スリッパなどの履物を履いてから行動する

余震に注意
・大揺れが去ってからも余震が来る場合がある
・最初の揺れで転倒・落下しなかったものが動くことがある

近所の協力
・火事、負傷には駆けつけて応援する

外出中の時
街頭では
・頭を持ち物や両手で守る
・その場でしゃがまず、安全だと思われる場所に移動する

デパートやスーパーでは
・陳列ケースから離れる
・階段やエスカレーターに走り寄らない
・広い場所に移動して、従業員の指示や店内放送を聞き、従う

電車やバスでは
・椅子や吊革にしっかりとつかまる
・乗務員の指示に従う
・勝手に窓や非常口から脱出するのは危険

自動車を運転している時
・急ブレーキをかけない
・左側に寄せて停車し、ラジオで情報を聞く
・車から離れる時にはキーをつけたままにし、ドアをロックしない

エレベーターでは
・地震の揺れを感じたら指示ボタンを全部押す
・一番近い階で止まりドアが開いたら降りる

地下街では
・停電しても非常灯がつくので、やみくもに動かない
・暗闇になっても壁伝いに移動すれば出入り口に辿り着く

ホールや映画館では
・出入口に走り寄らない
・様子を見て、従業員の指示に従う

海岸では
・高台や近くのビルの上階へ避難する
・避難場所がない時はできる限り海から離れる