雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 防災事典>

防火対策

台所
・コンロの火は着火を目で確認する
・コンロの近くに物を置かない
・コンロの上に棚を作らない
・コンロは壁から20cm以上離して設置する
・コンロの周囲の壁面は不燃材を使う
・来客や電話の応対は火を消してから
・古くなったゴム管は早めに交換する
・長期間使わない場合は元栓を閉める
・油料理の際にはコンロを離れない
石油ストーブ
・火を着けたまま移動や給油をしない
・ふすま、障子、カーテンなどの燃えやすいものから離す
・耐震自動消火装置をセットしておく
たばこ
・吸いさしを放置しない
・寝タバコをしない、させない
・投げ捨てをしない
風呂釜
・点火の前に浴槽の水が十分に入っているが確認する
・着火を目で確認する
電気器具
・高温を出す電気器具をコンセントにつなぎっぱなしにしない
・タコ足配線をしない
危険物
・各種のスプレーを火気のそばで使用しない
・ガソリンは気化したり、漏れないように確実にフタをする
焚き火
・消火用の水を用意し、終了時には完全に消す
・風のある日、風の出てきた時にはやめる
・子供だけで焚き火をさせない
火遊び
・着火器具を子供の手の届くところに置かない
・子供の火遊びを見つけたら厳しく戒める
放火
・家の周囲に燃えるものを置かない
・防犯灯で暗がりをなくす
・空家、物置小屋、納屋などには鍵をして出入りできないようにする