雑学研究

ホーム> 研究室> 生活・文化> 防災事典>

消火方法

火事を知らせる
・大声で家族や近所に知らせ、119の通報をアピール
・通報をしながら、消火活動をするのは無理
・大声を出すことで落ちつき、行動的になる
・火事だという声を聞いたら
 ・すぐに119へ通報する
 ・通報後に消火の応援にかけつける
初期消火
・小さな火のうちにうちに消す(初期消火)
・小さな火とは、壁や襖などの立ち上がり面から上方へ燃え広がっていない状態
・出火して間もない火事は、手に負える
・消火器、風呂の残り湯、三角バケツ、洗濯機の水をかける
・毛布などをかけて火勢を抑え、大量の水をかける
・板壁、襖、カーテンなどの立ち上がり面の火は、布団などで叩き消す
・カーテンを引き千切る、障子や襖を蹴り倒すなどして火を上に広げない
早急な避難
・火事の煙は有毒ガスを多量に含んでいる
・煙を吸うと、神経や呼吸器をやられ、昏睡する場合がある
・フラッシュオーバーが起きる
・火が天井に回ったら、すかさず避難する
・煙に巻かれたら、腹這いになって脱出する
消火の備え
消火器
・家庭用には粉末消火器と強化液消火器がある
・両方とも油火災や電気火災に使える
・粉末消火器は、粉末液剤が広がって火を包み消す
・強化液消火器は、薬剤が染み込み、再燃の危険性が少ない
・目につく場所に置く(日光や暖房の熱が当らず、湿気が少ない場所)
・家族全員が置き場を知っておく
・利用方法
  安全栓を引き抜き、ホースを火に向け、レバーを握る

三角バケツ
・1つの三角バケツの水を3〜4回に分けてかけられる
・水を組みに行くロスタイムがない

水の用意
・風呂の残り湯をすぐに捨てない
・洗濯機に貯水しておく
・バケツを2つ以上用意しておく